愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

宋刊本広韻上声(そうかんぼんこういんじょうせい)

分類 国・重要文化財
種別 書跡
所在地 名古屋市中区
所有者等 大須観音宝生院(真福寺文庫)
指定(登録)年 昭和16年(1941年)
時代

縦28㎝ 横17㎝、紙数29枚半
作詩の音韻に関する研究書で、北宋の真宗帝の勅命により陳彭年らの撰になるもの。隋代の「切韻」を唐代に『唐韻』として再刊し、北宋代に改訂したものが『広韻』で、作詩の押韻の便とした。
本書は北宋の木版本で、四声のうち上声の部の第4丁から32丁までの残欠本。版心に「享」「徐」「孫」などの刻工名がある。

前へ戻る