愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

紙本墨書扶桑略記第一第三(しほんぼくしょふそうりゃっきだいいちだいさん)

分類 国・重要文化財
種別 書跡
所在地 名古屋市中区
所有者等 大須観音宝生院(真福寺文庫)
指定(登録)年 昭和16年(1941年)
時代 鎌倉

縦巻第一 23㎝ 巻第三 24㎝ 横16㎝ 紙数巻第一 20枚 巻第三 35枚 粘葉装
『扶桑略記』(全30巻)は六国史以下寺院関係の古伝により、神武天皇から堀河天皇までの歴史を編年体で記述したものである。現存するのは、第二巻~第六巻、二十巻~三十巻と神武天皇から平城天皇までの抄本である。真福寺本は、第一巻及び第三巻のみの残欠本で、第一巻は前を欠き、神功皇后紀の中途より顕宗天皇紀の中途に至るが、この間、履中天皇紀に脱落がある。巻第三は継体天皇紀より推古天皇紀に至る。鎌倉時代の書写と考えられる。

前へ戻る