愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

紙本墨書古事記上巻抄(しほんぼくしょこじきじょうかんしょう)

分類 国・重要文化財
種別 書跡
所在地 名古屋市中区
所有者等 大須観音宝生院(真福寺文庫)
指定(登録)年 昭和16年(1941年)
時代 鎌倉

縦29㎝ 長さ166㎝ 巻子本 有界
「古事記上巻抄」と題してはいるが、本文は『古事記』のうち、建御雷神が建御名方神を追って諏訪に至り、ついに大国主神をして国を譲らせた一節を抄出し、つぎに「諏訪社事」と題して、同様のことを記した「先代旧事本紀」の文を抄出し、旧事記の最古の写といわれているものである。書風、用紙等よりみて、鎌倉末期の書写になるものと推定せられる。
古訓および朱のオコト点等を附し、古事記古訓研究の資料としても重要で、異色ある古典といえる。

前へ戻る