愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

斎民要術(金沢文庫本)(せいみんようじゅつ(かねざわぶんこぼん))

分類 国・重要文化財
種別 書跡
所在地 名古屋市東区(名古屋市蓬左文庫)
所有者等 名古屋市
指定(登録)年 昭和29年(1954年)
時代 鎌倉

巻子本 紙本墨書 墨界 15字 料紙斐紙 縦28.5㎝ 長さ4m63㎝~10m66㎝
北魏の賈思(かし)が庶民便覧のために農耕・調理法から家畜の飼育まで論じた漢籍農書で、著作年代は北魏末年から東魏の初年(530~550)の間と推定される。この本は、南宋版を底本とした現存最古の書写本で、宝治2年(1248)・仁安元年(1166)のもと奥書、文永11年(1274)の金沢文庫創始者北条実時自筆奥書がある。後に徳川家康の手に移り、死後遺命によって尾張藩祖徳川義直に譲られた駿河御譲本の1つである。巻首には「金沢文庫」の墨印の「御本」朱印が押されている。紙背文書には北条氏関係の文書50余通がある。

前へ戻る