愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

論語集解(ろんごしっかい)

分類 国・重要文化財
種別 書跡
所在地 名古屋市東区(名古屋市蓬左文庫)
所有者等 名古屋市
指定(登録)年 昭和30年(1955年)
時代 鎌倉

元応2年(1320)書写奥書 紙本墨書 縦22.4㎝ 横15.1㎝
『論語』の註釈書。魏の何晏の撰で10巻。これを元応2年に教円が書写し、完本としては現存最古のものである。
尾張藩の国学者神村忠貞が所蔵していたもので、のち尾張徳川家へ納められた。 『論語』は、孔子の没後に、門弟などが、孔子と弟子・時人などとの問答、弟子達同士の問答、孔子の性行などを集録したものである。

前へ戻る