愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

宋版太平聖恵方(金沢文庫本)(そうばんたいへいせいけいほう(かねざわぶんこぼん)

分類 国・重要文化財
種別 書跡
所在地 名古屋市東区(名古屋市蓬左文庫)
所有者等 名古屋市
指定(登録)年 昭和30年(1955年)
時代

版本 袋綴装 左右双辺有罫 13行25字 縦28.8㎝ 横18.2㎝
宋版、南宋時代のもので名医王懐隠が、宋の太宗の勅命によって編したもので、漢方医学の集大成である。医学・薬学の通論に始まり、内科・外科等の各分野にわたって諸病の症状・療法・処方・製薬などが詳細に記述されている。鍼灸に関する人体図・神仙・不老長寿にまで及んでいる。全100巻のうち半ば散逸し、残存は51冊。現存本は、毎巻首に「金沢文庫」の墨印、および「御本」の朱印記がある。なお、寛政11年(1799)作成の「聖恵方正誤」二冊が付属。

前へ戻る