ジャンルから?地域から?キーワードから?モデルルートから?あいちをまるごと体験!!
あいちの都市・農村交流ガイド
一押し!農と山と海の幸体験モデルルート 一覧にもどる トップページにもどる

TOP > 地域から探す >尾張
地域:
ルート名:<春らんまん> 五条川の桜と曼陀羅寺のフジコース
【春(4〜5月)】 桜とフジの名勝をめぐりながら、地域の食を楽しんでください。

ルート
ルート写真 五条川の桜と尾北自然歩道
岩倉のまちおこしとして、市民の手で五条川の堤防に植えられた桜並木は「日本のさくら名所100選」に選ばれています。また、尾北自然歩道は、犬山市の入鹿池を起点に、大口町、江南市を横断し岩倉市まで続く全長27kmのハイキングコースです。
桜まつりは4月上旬、紅葉は11月中旬
(問い合せ先)
・岩倉市商工農政課
・〒482-8686 岩倉市栄町一丁目66
・0587-38-5812
http://www.city.iwakura.aichi.jp/category/3-11-0-0-0.html
車で30分
ルート写真 曼陀羅寺公園のフジ
曼陀羅寺公園は市の管理のもとに整備されたものです、園内には約4,500uの藤棚が設けられ約60本の色とりどりの藤が植えられており、「曼陀羅寺の藤」として大変有名です。
4月下旬から5月上旬が見ごろ
(問い合せ先)
・曼陀羅寺公園
・江南市前飛保町寺町202
http://www.city.konan.lg.jp/intro/mandarazi1.html
車で40分
ルート写真 犬山里山学センター
日本の原風景である里山を保全し後世に伝え、自然の大切さを発信する拠点としてオープンしました。
営業時間:9:00〜17:00
休館日:毎週月曜日(祝日にあたる場合はその翌日)および年末年始(12月28日〜1月3日まで)
(問い合せ先)
・犬山里山学センター
・〒484-0094 犬山市大字塔野地字大畔364-2
・0568-65-2121
http://www.city.inuyama.aichi.jp/kurashi/manabu/1000897/1001519/index.html
車で15分
ルート写真 入鹿池
入鹿池は江戸時代に尾張藩の事業として築造された、全国最大級の農業用ため池です。
貯水量は約1,500万㎥もあり、犬山市、小牧市、大口町、扶桑町の約1,000haの水田を潤し、愛知用水の水源としても重要な役割を果たしています。
平成21年度に「ため池百選」に選定、平成27年度に「世界かんがい施設遺産」に登録され、平成28年度には天皇・皇后両陛下が紅葉を御覧になるなど、四季を通じて風光明媚な景色が味わえます。
(問い合せ先)
・入鹿池
・犬山市池野地内
http://www.aichi-doren.or.jp/
上にもどる▲
やってみん・たべてみん
体験写真 いわくらの味 名古屋コーチン料理
コーチン料理
名古屋コーチンはブロイラーに比べ2倍の飼養日数がかかり、ほどよい「こく」と「歯ごたえ」を楽しむことができる、とてもヘルシーでおいしい鶏肉です。
(問い合せ先)
・岩倉市名古屋コーチン振興組合
・〒482-8686 岩倉市栄町一丁目66番地
・0587-38-5812 http://www.city.iwakura.aichi.jp/0000000366.html
体験写真 備長ひつまぶし
備長名物「ひつまぶし」
登録商標「びんちょうひつまぶし」で有名なお店、名古屋の有名百貨店にも店を出しています。
(問い合せ先)
・ひつまぶし備長
・〒480-0144 大口町下小口五丁目176−1
・0587-96-0141             http://www.hitsumabushi.co.jp
産直センター岩倉店
愛知北地域の生産農家が積極的に参加しており、犬山のももや江南のねぎなど、年間を通じて多様な青果物が購入できます。
(問い合せ先)
・JA愛知北 産直センター岩倉店
・〒482-0026 岩倉市大地町西町畑5
・0587-38-3301
愛知北地域の農産物
桃、守口大根、じねんじょ、ねぎ、はくさい、名古屋コーチン、いちじく、カリフラワー、古代香り米などを販売しています。(詳細は尾張地域のデータ登録で)
愛知北地域の加工品
桃酔菓、守口漬、いちじく羊羹、茶、麦茶などを販売しています。(詳細は尾張地域のデータ登録で)
上にもどる▲
ちょこっとよってみゃぁ〜
大口町歴史民族資料館 常設展示室には、昭和30年代の農家が復元されており、純農村地帯であった大口の農耕儀礼の説明パネルなど、農村の生活をうかがい知ることができる。
北愛知の文化 城と山車、連綿とつづく愛知北地域の伝統文化にふれてみてください。 
上にもどる▲

県内市町村と観光協会近隣地域の都市農村交流情報リンク集TOPページに戻る上に戻る

Copyright (c) 2007, Aichi Prefecture. All right reserved. 各ページに掲載されているイラスト及び記事に関しての無断掲載を禁じます