愛知県警察

top
menu

 

金融機関を騙る偽メールに注意!

メールの内容と被害状況

  1. 金融機関を装い、ショートメッセージ(SMS)が届く。

メッセージの例

  • お客様の【○○銀行の口座】セキュリティ強化、カード・通帳一時利用停止、再開のお手続きの設定
  • 【○〇銀行】お客様がご利用の口座が不正利用されている可能性があります。口座一時利用停止、再開手続き
    などの文章に続きURLが記載されています。また、添付ファイルの場合もあります。

smsimage.jpg

2.偽サイトに気づかず、入力フォームに沿って口座情報や暗証番号などを入力すると、リアルタイムでその情報が犯人に盗まれる。

3.盗まれた情報で、犯人に本物のサイトにログインされる。

4.預金を勝手に他人の口座(犯人の用意した口座)に送金され、盗まれる。

※インターネットバンキングを利用していない場合でも、勝手に開設されて被害に遭う事例が発生しています。

被害に遭わないために

  • メール本文中のURLはクリックしない。
  • メールから開いたサイトで、個人情報などを入力しない。

※金融機関の偽メールが出回っていることを、周りの方にお伝えください。

相談窓口

  • 偽サイト(フィッシングサイト)に関して、メールによる相談を受け付けています。
    フィッシングサイトのURLが判明している場合は、URLの入力をお願いします。
    回答は電話で行いますので、必ず電話番号を入力してください。
  • 回答には日数を要する場合があります。
    不正アクセス・偽サイト・コンピュータウイルス相談窓口(フィッシング110番)

33474