ラグビーワールドカップ2019の開催に伴う小型無人機等の飛行禁止について

ここから本文です。

更新日:2019年9月18日

ラグビーワールドカップ2019の開催に伴う小型無人機等の飛行禁止について

2019年9月20日から11月2日まで、ラグビーワールドカップ2019日本大会が開催されます。大会期間中とその前後は、選手や観客の安全を確保し、大会を円滑に進めるため、主要空港や会場の周辺上空での小型無人機等(ドローン等)の飛行が禁止となります。

愛知県内でも、中部国際空港、豊田スタジアム、スカイホール豊田周辺等において小型無人機等(ドローン等)を飛行させることが禁止されます。ご理解とご協力をお願いします。

飛行禁止区域や指定期間の詳細は、国土交通省及びスポーツ庁のホームページで確認してください。

 

イラスト:小型無人機等の飛行禁止
小型無人機等の飛行禁止広報チラシ(PDF:173KB)

 


During Rugby World Cup 2019,drones are not

permitted to be operated around

Toyota Stadium and

CHUBU CENTRAIR International Airport.


ラグビーワールドカップ2019期間中、

豊田スタジアム周辺、中部国際空港周辺で

ドローンを飛ばすことはできません。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。