愛知県警察

top
menu

 

小牧警察署0568-72-0110

安全運転や安全行動をして交通事故防止

新年度を迎え、真新しいランドセルを背に元気な姿で登校する子供や新社会人となった若者のフレッシュな姿を見かけるようになります。

この時期は、不慣れな交通環境で通学・通勤が始まることや気候もよくなり自転車を使ったり、高齢者が外出する機会が増えるなど、交通事故の発生、危険性が高まります。

県民の一人一人が交通安全意識を高め、安全運転や安全行動の実践を通じて交通事故の防止を図りましょう。

hokousyahogo.jpg

歩行者を見かけたら注意しましょう

夕暮れから夜間にかけてハイビームを効果的に活用して、歩行者保護に努めましょう。

  • 歩行者の見落としに注意
  • 常に前方確認を!
  • 対向に気を取られないように!
  • 左後方等の死角に注意!

慌てず時間と心にゆとりを持った運転を心がけましょう

歩行者のみなさんは、夜間に反射材を活用し、明るい目立つ色の服装を着用しましょう。

高齢者を交通事故から守るために

高齢者を事故から守るためのドライバー3原則

1.暗くなる前に早めのライト点灯

早めのライト点灯で横断者を早く発見しよう

2.すべての道路でスピードダウン

優先道路でも高齢者の自転車等の飛び出しを予測し、カーブの先に横断者がいるイメージで、控えめな速度で運転する

3.しっかり止まって、しっかり確認

止まるべきところで確実に止まり、横断者、自転車を見落とさない

カーブミラーの効果的活用を

以上3つのことを運転中に実践してください。

ozisan.pngobasan.png

34433