愛知県警察

top
menu

 

小牧警察署0568-72-0110

自転車のルール守りましょう

自転車は運転免許証がなくても乗れることから、小さな子供から高齢の方まで、幅広い年齢の方が手軽に利用できる乗り物です。

運転免許がいらないからといって、好き勝手に乗っていませんか。

自転車は道路交通法上、「軽車両」と位置付けられており、守らなくてはいけないルールが多くあります。

自転車は「車両」であり、歩行者とは通行方法が違うことを理解してください。

自転車安全利用五則

  1. 自転車は、車道が原則。歩道は例外。
  2. 車道は左側を通行。
  3. 歩道は歩行者優先で車道寄りを徐行
  4. 安全ルールを守る
    ・飲酒運転、二人乗り、並進の禁止
    ・夜間はライトを点灯
    ・交差点での信号遵守と一時停止、安全確認
  5. 子どもはヘルメットを着用

自転車安全利用五則を始めとする、自転車の交通ルールを正しく守りましょう。

hutarinori.jpg

ヘルメットを着用しましょう

子どもも大人も、日頃からヘルメットを着用する習慣を身につけましょう。

交通事故の被害を軽減するためには、頭部を守ることがとても重要です。

スポーツの時だけではなく、買い物や通勤・通学等、日常生活で自転車に乗るときもヘルメットを着用して、頭部を保護しましょう。

自転車用のヘルメットには、様々な種類・色・形があり、帽子風のものなどもあります。道路交通法上、幼児・児童の保護者の方は、子供にヘルメットをかぶらせるよう努める義務があります。

保護者の方もヘルメットを着用し、子供に交通ルール遵守の手本を示しましょう。

herumeto.png

34876