愛知県警察

menu

 

生活安全課からのお知らせ

キャッシュカードをすり替えてだまし取る手口に注意

警察官や金融機関職員を名乗る男が被害者宅を訪れ、キャッシュカードが入った封筒を気づかれないように別の封筒にすり替え持ち去る手口が増えています。

 

1 偽警察官からの電話

「江南警察署の○○です。

詐欺グループを捕まえたら持っていたリストにあなたの名前がありました。

お金を引き出されるおそれがあります。

すぐに金融庁の職員が行くので、職員の持参した封筒にキャッシュカードと暗証番号を書いた紙を入れて厳重に保管してください。」

と偽警察官から電話がかかってくる。

 

2 偽金融庁職員が訪問

被害者宅を訪問してきた偽職員(犯人)が持参した封筒にカードと暗証番号を書いた紙を入れると、犯人が

「封印をするので印鑑を用意して欲しい。」

と言い、被害者が印鑑を取りに行くと、偽職員(犯人)が被害者に

気付かれないように、別の封筒にすり替えて、だまし取る。

振り込め詐欺

被害に遭わないために

  • ご家族やご近所同士で日頃からコミュニケーションを取っておく。
  • 第三者に絶対に現金やキャッシュカードを渡さない。暗証番号を教えない。
  • 電話番号表示サービスに加入する。
  • ご自宅の電話機を被害防止機能付き電話機に買い替える。
  • 電話機に被害防止機器を取り付ける。
  • 犯人と会話しないため、常時留守番電話設定にしておく。
  • ATMを利用した振り込みの限度額をあらかじめ0(ゼロ)円に設定、または引き下げておく。

 

 

 

30701