ホーム > 県警について > 所在地 > 地図から探す > 瀬戸警察署 > ~作って、答えて学びました~9月15日土曜日、交通安全教室を開催しました。

瀬戸警察署  

ここから本文です。

更新日:2018年10月16日

~作って、答えて学びました~9月15日土曜日、交通安全教室を開催しました。

児童を対象に、交通児童遊園「せとクルランド」で、参加・体験型交通安全教室を開催しました。

信号機や道路標識を紙粘土で作成する「作る交通安全教室」、信号機の見方や標識の意味などクイズ形式で学ぶ「考える交通安全教室」を行いました

~作る交通安全教室~

作成の様子1

 

 

nendo1

その他の注意」の標識を作成しました。

道路上に大木がある時に設置されています。

作成の様子2

nendo2

nendo6

「信号機」を作成しました。

車両用信号機は丁寧に作られています。

歩行者用信号機は、個性が光るカラフルな信号機になりました。

 

 

 

 

作成の様子3

nendo3

「一時停止」標識を作成しました。

忠実に再現されています。

~考える交通安全教室~

nendo4

作品と同じ信号機や標識の図を見せ、クイズ形式により信号機の見方や標識の意味など、みんなで答えを出し合いました。

答えをみんなで考え、正しい答えを導き出し、楽しく学びました。

すばらしい作品ができあがりました

shugou

すばらしい作品ができあがりました。

また児童からは、「楽しく勉強できました。」「今回の交通安全教室で、いろんな標識があることを知り、とてもためになった。」との感想も聞かれ、児童らの交通安全意識が高まり、「絶対交通事故に遭わない!」と約束してくれました。

~保護者の方へ~

交通ルールは、日常の生活を通じて指導してあげてください

幼少期からの教育が、正しい交通ルールを身に付ける一番の方法です。

そして、子どもは親や大人のまねをします。

大人が正しい行動をして、常に子どもの手本となるようにしましょう。

3S