ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織からさがす > 園芸農産課 > 愛知の誇る農林水産物「大葉(おおば)」をPR~「大葉」の生産者が知事へ熱い思いを伝えます~

本文

愛知の誇る農林水産物「大葉(おおば)」をPR~「大葉」の生産者が知事へ熱い思いを伝えます~

ページID:0393411 掲載日:2022年4月14日更新 印刷ページ表示

 愛知県では、知事の名刺を使った農林水産物のPRを行っており、2022年度は、生産量、産出額などが全国上位の品目を、2か月ごとに名刺に掲載しています(2022年4月4日記者発表済み)。4、5月の品目は「大葉」です。

 愛知県は、日本一の「大葉」の産地で、作付面積が124ha、出荷量が3,522tと、いずれも国内シェアの約7割を占めています。県内の主な産地は東三河地域で、園芸用ハウスで一年を通し、生産・出荷しています。

 この度、生産者が知事を訪問し、「大葉」に込める思いを伝えるとともに、産地自慢の「大葉」を用いた料理を味わっていただき、広く県民の皆様にPRします。

 

1 日時及び場所

  2022年4月21日(木曜日)午前11時35分から午前11時55分まで

  愛知県公館 1階

 

2 出席者(敬称略)

 ■生産者

  愛知県つまもの振興協議会会長 白井 良典(しらい よしのり)

  (豊橋温室園芸農業協同組合組合長)

  愛知県つまもの振興協議会副会長 寺部 英希(てらべ ひでき)

  (東三温室園芸農業協同組合組合長)

 ■関係団体

  愛知県経済農業協同組合連合会園芸部長 鈴木 忍(すずき しのぶ)

図

 

 

 

 

 

 

 

3 内容

 「大葉」の生産者代表が知事を訪問し、栽培の特徴やこだわりについて思いを伝えます。

 また、料理研究家監修による産地自慢の「大葉」を用いた料理『大葉の焼肉タレ漬け』、『そうめんのシソベーゼ』や、『大葉ジュース』を知事に味わっていただき、「大葉」をPRします。

たれ  そうめんジュース

 

 

 

 

【参考】愛知の大葉

1 愛知の大葉は日本一

 愛知県は、「大葉」の作付面積(124ha)、出荷量(3,522t)、しそ(赤しそを含む)の産出額(133億円)において、いずれも国内シェアの約7割を占める日本一の産地です(表1、表2)。また、「大葉」のJA系統販売額(令和元年産)は、100億円(愛知県経済農業協同組合連合会調べ)となっております。

 

表1 大葉の作付け面積及び出荷量(平成30年産)
全国順位 県 名 作付面積(ha) 出荷量(t)
1 愛 知 124(67%) 3,522(73%)
2 大 分 22 547
3 茨 城 13 280
全 国 186 4,792

 

表2 しその産出額(令和元年産)
全国順位 県 名 産出額(億円)
1 愛 知 133(73%)
2 大 分 14
3 茨 城 8
全 国 183

2 愛知県つまもの振興協議会について

(1)組織の概要

 設 立  1981年

 会 長  白井 良典(しらい よしのり)(豊橋温室園芸農業協同組合(豊橋市))

 構 成  つまものを生産・販売する6組合(表3)

 事務局  愛知県経済農業協同組合連合会 園芸部東部販売課内

 

2 愛知県つまもの振興協議会の構成
組合名(設立順) 農家戸数 主な産地 主な作物
豊橋温室園芸農業協同組合 239

豊橋市

豊川市

大葉、食用ぎく、花穂、

きく葉、ハーブ類等

東三温室園芸農業協同組合 87 豊川市

大葉、食用ぎく、花穂、

ハーブ類、さんしょう等

三河温室園芸組合 39 蒲郡市

食用ぎく、花木、

食用ほおずき、菜花等

ひまわり農業協同組合 19 豊川市 大葉
豊橋農業協同組合

5

 

豊橋市 大葉
愛知みなみ農業協同組合 9 田原市 大葉
合計 398

(2)主な活動内容

   つまもの野菜に関する生産技術、販売方法、需要拡大、担い手の育成等

このページに関する問合せ先

愛知県農業水産局農政部園芸農産課
野菜・果樹グループ
担当:菅野、湯浅
電話:052-954-6418
内線:3682、3683
メール:engei@pref.aichi.lg.jp