ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類からさがす > くらし・安全・環境 > まちづくり・地域づくり > NPO > 「休眠預金活用助成金セミナー」(オンライン開催)の参加者を募集します
現在地 ホーム > 分類からさがす > トップページ表示アイコン > トップページ表示アイコン > 記者発表資料 > 「休眠預金活用助成金セミナー」(オンライン開催)の参加者を募集します

本文

「休眠預金活用助成金セミナー」(オンライン開催)の参加者を募集します

ページID:0420315 掲載日:2022年9月9日更新 印刷ページ表示

「休眠預金活用助成金セミナー」(オンライン開催)の参加者を募集します

 愛知県では、休眠預金等活用制度※1について理解を深め、助成金を活用していただくことを目的として、活動資金の獲得を検討されているNPOやNPO支援者等を対象に、2020年度から「休眠預金活用助成金セミナー」を開催しています。
 今年度のセミナーでは、指定活用団体、資金分配団体の二者(※2)から、休眠預金等活用制度の仕組みや出口戦略の考え方についてお話しいただくほか、グループワークを通じて、助成事業終了後の活動継続に係る課題や必要な支援に関する意見を、資金分配団体等から聞くことができます。
 Web会議システム(Zoom)を利用したオンライン形式での開催となります。皆様の御参加をお待ちしています。
※1
10年以上取引のない預金等(休眠預金等)を、社会課題の解決や民間公益活動の促進のために活用する制度
※2
指定活用団体:事業計画に基づき資金分配団体を選定・助成する団体
資金分配団体:休眠預金等に係る資金を原資として実行団体に対し助成を行う団体

1 日時

2022年11月2日(水曜日) 午後1時30分から午後4時30分まで

2 開催形式

オンライン生配信(「Zoom」を使用)

3 内容

(1) 指定活用団体による講演
 「休眠預金助成の評価活動と出口戦略の現状について」
 講 師:一般財団法人日本民間公益活動連携機構(JANPIA) 事業部長 和田 泰一 氏
(2) 資金分配団体による事例報告 
 「食を通じた居場所の継続・発展のための助成プログラムによる支援の取り組みについて」
 報告者:一般社団法人全国食支援活動協力会 プログラムオフィサー 大池 絵梨香 氏
(3) パネルディルカッション
 「助成事業の出口戦略のために必要な支援を考える」
 パネラー:JANPIA、全国食支援活動協力会
 コメンテーター:合同会社OFFICE HARU 代表
         特定非営利活動法人ボラみみより情報局 理事 小野地 光弘 氏
 モデレーター:一般財団法人中部圏地域創造ファンド(CCF)
        プログラムオフィサー 三島 知斗世 氏
(4)グループワーク
 「助成事業が終わった後の活動継続の課題、必要な支援」
  司会進行:特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ 理事長 中尾 さゆり 氏

4 参加費

無料(通信料は自己負担)

5 対象

活動資金の獲得を検討されているNPO、NPO支援者等

6 参加方法・定員

オンライン参加(「Zoom」による参加)【定員:50名(申込先着順)】
 インターネットを使用できる環境であれば、御使用のパソコンやスマートフォン等で参加できます。
 ※参加者には、事前に「Zoom」のURLをメールでお知らせします。

7 申込方法

2022年10月26日(水曜日)までに(必着)、以下のいずれかの方法でお申込みください。
(1)Webサイトからの申込み
以下の申込専用サイトから申込フォームに必要事項を入力の上、お申込みください。
https://forms.office.com/r/DuqWC63L3Y
(2)電子メール、郵送又はFAXによる申込み
以下(1)~(4)の事項を記載の上、7の申込先までお申込みください。
(1)氏名(複数可)、(2)所属・役職、(3)連絡先(電話番号とメールアドレス)、
(4)参加動機
※定員を超え、参加いただけない場合には御連絡します。

8 問合せ・申込先(県委託事業者)

特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ
 所在地 名古屋市東区東桜2-18-3 コープ野村東桜702
 電話番号 052-979-6446(平日午前10時~午後6時)
 FAX番号 052-979-6448
 メールアドレス vns@vns.or.jp

参考 休眠預金活用の流れ

休眠預金活用の流れ
出典:JANPIA「2020年度資金分配団体募集のお知らせ」パンフレット 2020年5月版

参考2 講師等について

(1) 一般財団法人日本民間公益活動連携機構(JANPIA) 事業部長 和田 泰一 氏
 JANPIAは、一般社団法人日本経済団体連合会により設立され、2019年1月に休眠預金等活用法に基づく指定活用団体に指定された。
 2019年~2021年度に累計173の資金分配団体を採択し、助成予定総額は 154.9億円に上る。
(2) 一般社団法人全国食支援活動協力会 プログラムオフィサー 大池 絵梨香 氏 
 全国食支援活動協力会は、会食会・配食・食育など“食”で支え合う活動の連絡会として、1986年設立。
 近年では、全国に広がるこども食堂等居場所支援へ活動を広げ、幅広い機関とのネットワークを生かし、子どもから高齢者まで、地域の誰もが安心して暮らし続けるためのコミュニティーづくり推進に取り組む。

このページに関する問合せ先

愛知県県民文化局県民生活部社会活動推進課
NPOグループ
電話:052-961-8100
FAX:052-961-2315
メール:npo-plaza@pref.aichi.lg.jp​

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)