ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織からさがす > 企画課 > 2022年度中京大都市圏づくりセミナーの参加者を募集します

本文

2022年度中京大都市圏づくりセミナーの参加者を募集します

ページID:0430377 掲載日:2022年11月16日更新 印刷ページ表示

2022年度中京大都市圏づくりセミナーの参加者を募集します

 リニア中央新幹線の全線開業により、三大都市圏が約1時間で結ばれて一体化し、人口7,000万人のスーパー・メガリージョンの形成が期待されます。
 愛知県では、名古屋を中心とした概ね80~100km圏を「中京大都市圏」と位置付け、世界と直結する一大産業拠点としての役割を担っていくとともに、この地域の多様な魅力を発信しながら、国内外からヒト・モノ・カネ・情報を呼び込み、名実ともにスーパー・メガリージョンのセンターとして、首都圏の持つ社会経済的な機能を代替しうる大都市圏づくりを進めています。
 この度、スーパー・メガリージョンの進化に向けて中京大都市圏が果たすべき役割について、県民の皆様とともに考えるため、下記のとおり会場とWebの併用によりセミナーを開催します。どなたでもご参加いただけますので、多くの方のご応募をお待ちしています。

1 開催概要

(1)日時
   2022年12月19日(月曜日)午後2時30分から午後4時10分まで(開場:午後2時)

(2)開催形式・定員
   ・会場:栄ガスビル 5階 キングルーム(申込先着70名)
       (名古屋市中区栄三丁目15-33)
   ・Web(申込先着80名)

(3)テーマ
   スーパー・メガリージョンの進化に向けた中京大都市圏の役割

(4)講師
   奥田 隆明(おくだ たかあき) 氏(南山大学副学長、経営学部経営学科教授)
   (プロフィール)
     1964年生まれ。1987年名古屋大学工学部卒、1989年名古屋大学大学院工学研究科修了、
            博士(工学)。名古屋大学助手・准教授・教授、南山大学教授を経て、2020年より現職。
            カールスルーエ大学(ドイツ)客員教授、総合科学技術会議事務局(内閣府)、地域計量
    モデル検討委員会委員(国土庁)、中央リニア新幹線基本スキーム検討会議幹事(国土交
    通省)、今後の中部圏の空港のあり方検討委員会委員(中部地方整備局)、名古屋市都市
    計画マスタープラン部会専門委員等を務める。専門は、経営戦略論、交通事業論、地域戦
    略論等。著書に「都市間交通と気候変動」(運輸政策研究機構、2014年)等。

(5)参加費
   無料(ただし、Web参加の場合、通信費は自己負担となります。)

(6)後援
   国土交通省中部地方整備局・中部運輸局、名古屋商工会議所、一般社団法人中部経済連合会

2 申込方法

 参加をご希望の方は、12月12日(月曜日)までに、「所属・部署名(該当する場合のみ)」、「氏名」、「参加方法(会場又はWebのいずれかを記入)」、「電話番号」、「メールアドレス(Web参加の場合のみ)」を記入の上、Eメール、FAX(ちらし裏面の様式によります)、はがきのいずれかでお申し込みください。

※参加決定通知は行いません。定員を超えた場合のみご連絡いたします。
※Web参加をご希望の方には、当日までにWeb参加用URLをお送りします。
※記入いただいた個人情報は、セミナー運営以外の目的で利用することはありません。

3 申込み・問合せ先​

 株式会社アルファポイント(県業務委託先)
 〒460-0011 名古屋市中区大須3-30-40 万松寺ビル10階
 電話:052-253-8323
 FAX:052-262-9115
 Eメール:info@alphapoint.co.jp
 (以下の二次元コードからEメールを送信いただけます。)
 申込み先二次元コード

4 新型コロナウイルス感染症対策

 ・新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、マスクの着用、手指消毒及び検温にご協力をお願いし
  ます。
 ・当日、37.5度以上の発熱のある方、体調のすぐれない方は、来場をご遠慮ください。

ちらし

 2022年度中京大都市圏づくりセミナーチラシ [PDFファイル/599KB]

参考

 愛知県の「中京大都市圏づくり」についての取組の詳細は、以下のWebサイトをご参照ください。

 https://www.pref.aichi.jp/kikaku/chukyodaitosiken/index.html

 

このページに関する問合せ先

企画課企画第二グループ
〒460-8501 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
電話:052-954-6473
メール:kikaku@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)