ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織からさがす > 水大気環境課 > 2023年度三河湾環境再生パートナーシップ・クラブ第2回サポーター講座の参加者を募集します!

本文

2023年度三河湾環境再生パートナーシップ・クラブ第2回サポーター講座の参加者を募集します!

ページID:0438303 掲載日:2024年1月29日更新 印刷ページ表示
14 海の豊かさを守ろう17 パートナーシップで目標を達成しよう

2023年度三河湾環境再生パートナーシップ・クラブ第2回サポーター講座の参加者を募集します!

愛知県では、多くの人に三河湾に関心を持ってもらい、県民の里海である三河湾の環境を再生することを目的として「三河湾環境再生パートナーシップ・クラブ」を2015年に設立し、三河湾の環境再生に向けた取組をサポーターとともに進めています。

このサポーターを対象とした2023年度第2回の講座として、碧南海浜水族館で、「身近な海の生きもの クラゲについて学んでみよう!」及び「水族館バックヤードツアーとペーパーキャップ※づくり」を実施します。

参加費は無料で、本講座に参加したサポーターの皆さんに、三河湾の豊かさを守る上で重要な干潟等に生息する生きものを題材としたサポーターズカードを1枚お渡ししますので、是非御参加ください。

※ペーパーキャップとは、海の生きものの形をした紙製の帽子です。

サポーター講座チラシ [PDFファイル/490KB]

1 日時

 2024年3月2日(土曜日) 午前9時から午前11時まで

2 場所

碧南海浜水族館(碧南市浜町2番地3)

3 内容

 〇講座(午前9時から午前10時まで)

  題名:身近な海の生きもの クラゲについて学んでみよう!

  講師:碧南海浜水族館 学芸員 川下(かわした)貴史(たかし)さん

  ・海に行くと見かけるけれど、意外に知らないクラゲの生態について楽しく解説します。

 〇水族館バックヤードツアーとペーパーキャップづくり(午前10時から午前11時まで)

  ・普段は見ることができない水族館の裏側の見学とペーパーキャップづくりを行います。(参加者は2班に分かれてバックヤードツアーとペーパーキャップづくりを交互に行います。)

4 募集対象

小学生以上の三河湾環境再生パートナーシップ・クラブのサポーター

・小学生は保護者の同伴が必要です。

・サポーターとして未登録の方でも、サポーターへの登録と同時に本講座に応募することができます。

サポーターの詳細については、以下の県水大気環境課Webページを御覧ください。

 三河湾環境再生パートナーシップ・クラブ サポーター募集

5 定員

30人(要事前申込)

6 参加費

 無料

7 申込方法

参加申込書に必要事項を記入の上、電子メール又はFAXで「9 申込み・問合せ先」まで送付してください。

参加申込書(チラシの裏面)は以下のリンクからダウンロードできます。

申込様式 [Wordファイル/46KB]

8 申込期限

2024年2月16日(金曜日)午後5時(必着)

※応募者数が定員を超えた場合は抽選を行い、2月22日(木)までに申込代表者全員に電子メール又は、FAXで結果をお知らせします。

9 申込み・問合せ先

愛知県 環境局 環境政策部 水大気環境課 生活環境地盤対策室

三河湾環境再生グループ

電   話 052-954-6220(ダイヤルイン)

ファックス 052-953-5716

電子メール  seikatsujiban@pref.aichi.lg.jp

10 サポーターズカードについて

サポーターズカードについての詳細は、以下のWebページを御覧ください。

 サポーターズカードの詳細

参考

三河湾環境再生パートナーシップ・クラブについて

愛知県では、三河湾の環境再生に向けた取組を進めるため、2012年度から「三河湾環境再生プロジェクト」を実施しています。今年度も、このプロジェクトの推進に当たり「三河湾環境再生パートナーシップ・クラブ」(2015年6月に設立)と連携・協働しながら、県民の機運を高めるための各種取組を実施しています。このクラブは、この目的に賛同して活動する団体である会員と、目的に賛同して応援する個人であるサポーターからなっています。

2023年12月末現在のクラブの会員は、下表の44団体で、サポーターは約3,100名です。

 

三河湾環境再生パートナーシップ・クラブ会員一覧(順不同)

区分

会員

NPO等

(13団体)

NPO法人愛知環境カウンセラー協会、「あいちの海」グリーンマップ、伊勢・三河湾流域ネットワーク、NPO法人環境ボランティアサークル 亀の子隊、島を美しくつくる会、地域環境活性化協議会、中部ESD拠点協議会、半田こどもエコクラブ、三河湾環境チャレンジ教育協議会、みなと塾、矢作川をきれいにする会、Amor a MikawaOne(アモール ア ミカワワン) プロジェクト、特定非営利活動法人 国連支援交流協会

企業・関係団体等

(22団体)

株式会社イナテック、花王株式会社豊橋工場、サッポロビール株式会社東海北陸本部、三栄工業株式会社、三河湾ネットワーク株式会社、ユニー株式会社、株式会社ラグナマリーナ、Bio Garden With(ビオ ガーデン ウィズ)、Sail wing(セイルウィング)、株式会社渥美フーズ、株式会社Blue、大井漁業協同組合、大濱(おおはま)漁業協同組合、片名(かたな)漁業協同組合、東幡豆漁業協同組合、蒲郡商工会議所、碧南商工会議所、公益財団法人愛知県都市整備協会、GOGO(ゴーゴー)三河湾協議会、西尾南部ベイエリア協議会、一般社団法人愛知ハートライン、一般社団法人日本水中技術振興会

教育機関等

(7団体)

県立碧南工科高等学校、県立三谷水産高等学校、桜丘高等学校生物部、名城大学附属高等学校、蒲郡市生命の海科学館、蒲郡市竹島水族館、碧南海浜水族館

行政

(2団体)

豊かな海“三河湾”環境再生推進協議会、愛知県

                                                                   

このページに関する問合せ先

愛知県 環境局 環境政策部 水大気環境課 生活環境地盤対策室
三河湾環境再生グループ
担当:望月、成瀬
電話:052-954-6220(ダイヤルイン)
内線:3042
メール:seikatsujiban@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)