ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類からさがす > トップページ表示アイコン > トップページ表示アイコン > 記者発表資料 > あいちロボット産業クラスター推進協議会
第20回医療・介護等分野ロボット実用化ワーキンググループの参加者を募集します

本文

あいちロボット産業クラスター推進協議会
第20回医療・介護等分野ロボット実用化ワーキンググループの参加者を募集します

ページID:0441858 掲載日:2023年1月25日更新 印刷ページ表示

 「あいちロボット産業クラスター推進協議会」(事務局:県次世代産業室)では、産学行政が連携してロボットの新技術・新製品を創出する活動を行っています。当協議会に設置した三つのワーキンググループのうち、「医療・介護等分野ロボット実用化ワーキンググループ」では、国立研究開発法人国立長寿医療研究センター(大府市)の荒井秀典理事長を座長に、医療・介護の現場や生活の場で活用するロボットの開発・実用化を促進する活動を進めています。
 この度、以下のとおり第20回の医療・介護等分野ロボット実用化ワーキンググループをオンライン併用で開催することとし、参加者を募集しますので、お知らせします。
 今回は「コミュニケーション」をテーマとして、現在活用又は開発されているロボットの事例紹介や、話題提供を通して今後のロボット活用・開発について考えます。
 医療・介護・福祉等の分野におけるロボットの活用や開発に関心のある方は、是非御参加ください。

1 開催日時

​2023年2月16日(木曜日)午後1時から午後3時50分まで
(オンラインでのライブ配信は午後1時から午後3時30分まで)

2 開催形式

会場:国立長寿医療研究センター 教育研修棟1階 大研修室
(大府市森岡町7-430 電話:0562-46-2311)
オンライン:ライブ配信(Cisco Webex Meetings を使用予定)

3 内容

(1)座長挨拶(13時)

(2)話題提供1(13時5分~13時50分)

 「〈弱いロボット〉概念に基づくインタラクションデザインとその応用」
 国立大学法人豊橋技術科学大学 情報・知能工学系 教授 岡田 美智男 氏

(3)コミュニケーションロボットの活用・開発事例の紹介(13時55分~15時15分)

  事例1:「介護ふれあいロボット『HIMBOT(ヒムボット)』の活用事例のご紹介」
      株式会社ヒミカ 常務取締役 医療福祉本部長 林 晃弘 氏
      医療法人安形医院 統括部長 安形 司 氏

  事例2:「パートナーロボット『あるくメカトロウィーゴ』の介護現場での活用事例のご紹介​」​
      株式会社リビングロボット 代表取締役社長 川内 康裕 氏

  事例3:「コミュニケーションロボット『BOCCO emo(ボッコ エモ)』を活用した高齢者見守りシステムと自治体における実証事例のご紹介」​
      合同会社ネコリコ 営業企画部 マネージャー 寳 祐介 氏

(4)話題提供2(15時15分~15時30分)

  「高齢者の生活を支援するコミュニケーションロボット活用の可能性」
  
国立長寿医療研究センター 健康長寿支援ロボットセンター
   健康長寿テクノロジー応用研究室長 大高 恵莉 氏

(5)交流会(15時30分~15時50分) ※会場参加者のみ。講演企業等の機器展示も実施。

4 対象

・介護ロボット等の開発に取り組んでいる又は関心のある方
・介護ロボット等に興味のある医療・福祉関係者等
・あいちロボット産業クラスター推進協議会の会員
※当会員については、ロボットの開発又は利用に関心がある企業や大学、団体等の方々を対象として、現在も入会の募集をしています。
 入会方法は以下協議会Webページを御覧ください。
 (https://www.pref.aichi.jp/sangyoshinko/jisedai/robot/entry.html)​

​5 定員

会場参加・オンライン参加 各50名(申込先着順)​

6 参加費

無料(オンライン参加の場合、通信料は自己負担となります。)

7 国立長寿医療研究センターの施設見学について

ワーキンググループの開催に先立ち、同日、国立長寿医療研究センター健康長寿支援ロボットセンターの「生活支援実証室」(介護現場を模したロボットや機器の実証スペース)の見学会を、以下の時間に行います。

 見学会の時間:午後0時35分から午後0時50分まで

見学を御希望の方は、ワーキンググループと併せてお申込みください。
 ※見学会の詳細は、別途、見学希望者宛てに連絡します。

8 申込方法

以下の「第20回医療・介護等分野ロボット実用化ワーキンググループ申込ページ」へアクセスし、必要事項を入力してください。
(参加証は発行しません。定員超過により申込みをお断りする場合はメールで連絡します。)
<URL>
 https://www.pref.aichi.jp/ques/questionnaire.php?openid=195
 ※オンライン参加の場合、参加者には、申込締切後、メールにて参加者用URLを案内します。

○開催案内ちらしは下記から御覧いただけます。
第20回医療・介護等分野ロボット実用化WG開催案内ちらし [PDFファイル/446KB]

​9 申込期限

2023年2月13日(月曜日)

10 新型コロナウイルス感染防止対策

・会場参加の際には、必ずマスクの着用をお願いします。
・当日、発熱又は咳・全身痛等の症状がある場合や体調が優れない場合は、参加をお控えください。
・感染拡大の状況により、内容の変更、開催を延期又は中止することがあります。その場合は、県次世代産業室Web ページ及び参加者宛てメールにてお知らせします。

参考

あいちロボット産業クラスター推進協議会

​<目的>
産学行政が連携して、ロボットの研究開発や生産の拠点を形成し、新技術・新製品を創出していくことにより、世界に誇れるロボット産業拠点の形成を目指す。​
<設立>
2014年11月
<体制>
会長:愛知県知事
事務局:愛知県経済産業局産業部産業振興課次世代産業室
<会員数>
550社・団体(2022年12月末時点)
<主な活動内容>
・ロボット産業拠点の形成に向けた方策等の検討等
・製造・物流等分野、医療・介護等分野、無人飛行ロボットの三つのワーキンググループによるロボット開発や実用化、普及に関する取組​

このページに関する問合せ先

愛知県経済産業局産業部産業振興課
ロボット産業グループ
担当:牧、村川
電話:052-954-6352

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)