ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織からさがす > 統計課 > 令和3年社会生活基本調査 ― 生活時間及び生活行動に関する結果 ―(2021年10月20日現在)

本文

令和3年社会生活基本調査 ― 生活時間及び生活行動に関する結果 ―(2021年10月20日現在)

ページID:0427517 掲載日:2022年10月25日更新 印刷ページ表示

2022年10月25日公表​ 

結果の要約

1  1日の生活時間の配分

(1)1日の生活時間の配分

    1日の生活時間の平均は、睡眠時間が7時間53分、仕事時間が3時間34分、テレビ・ラジオ・新

   聞・雑誌の時間が2時間2分などとなりました。

 

(2)家事関連時間

 ○ 家事関連時間の平均は、男性が49分、女性が3時間38分となりました。男女差は、2001年か

  ら19分縮小し、2時間49分となりましたが、依然として大きな差があります。


 ○ 6歳未満の子供がいる、夫婦と子供の世帯の育児時間は、2016年と比べると、夫が1時間5分

  で20分増加、妻が4時間で27分減少しました。

 

表 6歳未満の子供を持つ夫・妻の家事関連時間の推移

 

6歳未満の子供を持つ夫・妻の家事関連時間の推移グラフ

 

 ○ 共働きか否かにかかわらず、夫と妻ともに家事関連時間は増加しました。


 ○ 介護者は男性が16万3千人、女性が22万9千人となり、2016年と比べると、男性は1万7千人、

  女性は1千人それぞれ増加しました。

 

 

(3)仕事時間

 ○ 仕事時間の平均は、男性が6時間40分、女性が4時間34分となり、2016年と比べると、男性

  は14分、女性は4分それぞれ減少しました。


 ○ 日常生活に支障がある人は、ない人と比べ、2次活動の時間が短くなる傾向となり、うち仕事時

  間は1時間37分短くなりました。

 

(4)スマートフォン・パソコンなどの使用状況

 ○ スマートフォン・パソコンなどを使用した人の割合は、76.7%となりました。

   使用時間が12時間以上の人の割合は、男女ともに、20~24歳が最も高くなりました。
 男女、スマートフォン・パソコンなどの使用時間別構成比

 

 ○ スマートフォン・パソコンなどの使用時間が長いほど、通勤・通学時間はおおむね長く、睡眠時

  間などは短くなる傾向となりました。​

図男女、スマートフォン・パソコンなどの種類別生活時間

 

2  1年間の主な生活行動

(1)学習・自己啓発・訓練

   ○ 学習・自己啓発・訓練を行った人は262万5千人(行動者率39.0%)となりました。

   種類別では「パソコンなどの情報処理」(同15.5%)が最も高くなりました。

 

「学習・自己啓発・訓練」の種類別行動者率

(2)ボランティア活動

 ○ ボランティア活動を行った人は111万4千人(行動者率16.6%)となりました。

   種類別では「まちづくりのための活動」(同6.6%)が最も高くなりました。

 

(3)スポーツ

 ○ スポーツを行った人は462万7千人(行動者率68.8%)となりました。

   種類別では「ウォーキング・軽い体操」(同44.4%)が最も高くなりました。

 

(4)趣味・娯楽

 ○ 趣味・娯楽を行った人は600万7千人(行動者率89.3%)となりました。

   種類別では「CD・スマートフォンなどによる音楽鑑賞」(同57.1%)が最も高くなりました。

 

趣味・娯楽の種類別行動者率

 

(5)旅行・行楽

○ 旅行・行楽を行った人は387万3千人(行動者率57.6%)となりました。行動者率は、女性

 (57.7%)が男性(57.4%)よりも0.3ポイント高くなりました。

 

<トピックス>ランキングから分かるあいち

調査結果からわかるランキング表が下記からPDF形式で御覧になれます。

 ランキング表一覧 [PDFファイル/110KB]

 

報告書

令和3年社会生活基本調査結果[愛知県分]がPDF形式で御覧になれます。

報告書 [PDFファイル/9.28MB]

 

統計表

令和3年社会生活基本調査結果データがエクセル形式でダウンロードできます。

https://www.pref.aichi.jp/soshiki/toukei/syakaiseikatu2021-toukeihyo.html

 

      統計調査にご協力をお願いします。  ​

 

このページに関する問合せ先

愛知県 県民文化局 県民生活部 統計課
人口統計グループ
電話052-954-6116(ダイヤルイン)
E-mail: toukei@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)