ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 東三河総局新城設楽振興事務所 > 地域の紹介 > 地域の自然 > 新城設楽の地形・地質

新城設楽の地形・地質

有海の含化石砂岩あるみのがんかせきさがん

薄茶色の部分が河床に現れたカキの化石
薄茶色の部分が河床に現れたカキの化石
カキの化石が見られる河床
ここは新生代新第三紀に堆積した設楽層群の化石が豊川河床で唯一観察できる場所です。カキ礁の他、カガミガイ、ハマグリ、マテガイの仲間の化石が見つかりました。これらの化石から地層が堆積した約2000万年~1700万年前、この辺りは潮間帯か水深20mほどの砂底の海底であったことがわかります。
種類堆積岩
事象新生代新第三紀堆積岩
文化財など-
所在地新城市有海
緯度・経度北緯 34°55’40.0" 東経 137°33’11.0"