ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 東三河総局新城設楽振興事務所 > 地域の紹介 > 地域の自然 > 新城設楽の地形・地質

新城設楽の地形・地質

鳴沢の滝なるさわのたき

鳴沢の滝
鳴沢の滝
鳴沢の滝
鳴沢の滝は当貝津川の流れを横断する断層によって、領家花崗岩類である神原トーナル岩にずれが生じてできた滝です。滝の手前に昔の滝壺があり、侵食で滝が後退して今の形となったと考えられています。落差はおよそ15mあります。
種類
事象断層による滝(領家花崗岩類)
文化財など新城市指定天然記念物 1957年6月1日指定
所在地新城市作手守義
緯度・経度北緯 35°03’19.4" 東経 137°30’17.5"