組込みシステム科

4月入校
2年訓練

組込み実習教材

01 何を学ぶ?

IoTは、各種センサーを組込んだあらゆるモノがインターネットを通じて情報を交換し、相互に制御を行う仕組みです。

IoTで必要となる情報技術(システム設計・プログラミング)をはじめとして、組込み技術(マイコン制御)とネットワークを メインに学び、IoT技術者になるための基礎的な技術を習得します。

02 どんな職種に就く?

ソフトウェア開発技術者、プログラマー及び電気・電子・電気通信機器生産技術者関連職種への就職を目指します。

03 どんな資格がとれる?

基本情報技術者試験
ETEC(組込み技術者試験制度)組込みソフトウェア技術者試験クラス2
品質管理検定(QC検定)3級

訓練内容

アームロボット

アームロボット

プログラミング実習場写真

プログラミング実習場

主な学科

情報処理システム概論
組込みシステムを構築するために必要な知識・技術について学びます。
プログラミング言語
プログラミングにおいて、必要となる文法やアルゴリズムなどを学びます。
ネットワーク概論
インターネットの通信プロトコル(手順)や、車のネットワークで採用されているCANについて学びます。
情報システムセキュリティ概論
情報システムを構築するためのセキュリティ対策をはじめ、信頼性のあるシステムにするための対策等について学びます。
システム工学
設計技術やプログラミング技術、テスト技術などを学びます。
電気・電子
電気電子に関する基礎的知識について学びます。

・・・など

主な実技

プログラミング実習
C言語を用いたプログラムを簡単なレベルから作っていきます。また、携帯電話アプリの開発で用いられるJavaについても学びます。
電気電子回路実習
電気電子回路について、基本的な回路を電子部品等を用いて作成します。
ネットワーク構築実習
ルータ・スイッチングハブなどの通信機器やLANケーブルを用いて、ネットワークを構築します。
コンピュータ制御システム設計実習
実際の組込み機器を想定したシステムを一連の手順(企画・設計・製作・テスト)で開発します。

・・・など

指導員の声

指導員

指導員

指導員:小田 文之

これからは、あらゆる機器やモノにコンピュータが搭載され、 インターネットに接続されるIoT社会になっていきます。

組込みシステム科で、これからのIoT社会を支える技術者を目指しませんか。