ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > あいちの知的財産戦略 > 開放特許活用による自社製品開発ワークショップの参加者を募集します!

開放特許活用による自社製品開発ワークショップの参加者を募集します!

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月16日更新

開放特許活用による自社製品開発ワークショップの参加者を募集します!

 愛知県では、大企業が保有する開放特許(*)を活用して、県内中小企業の新製品開発・新事業創出を支援する「知財マッチング」の取組を進めています。
 この度、中小企業の経営者や開発担当者等を対象に、大企業等の開放特許の活用による自社製品開発・新事業創出を考えていただくための機会として、下記のとおり、「開放特許活用による自社製品開発ワークショップ」を開催します。
 当日は、開放特許の活用事例紹介として、富士ゼロックス株式会社の開放特許を活用した製品開発について、ナルコ株式会社(本社:豊田市)の開発担当者から御紹介いただくとともに、コスモス国際特許商標事務所弁理士の富澤 正(とみざわ ただし)氏による、自社製品開発のためのワークショップを開催いたします。
 是非ご参加ください。
(*)開放特許:特許権者又は出願人が、第三者に対し開放(ライセンス契約、譲渡等)する意思のある特許。

1 概要

(1)日時
  平成31年2月13日(水曜日)午後1時30分から午後4時まで
(2)場所
  愛知県産業労働センター(ウインクあいち)18階セミナールーム
  (名古屋市中村区名駅4丁目4−38)
(3)内容
 ア 知財マッチング事業の説明(13時35分~13時50分)
 イ 開放特許の活用事例紹介(13時50分~14時05分)
   【講師】ナルコ株式会社
     代表取締役 杉浦 博(すぎうら ひろし) 氏
     取締役工場長 羽根 幹雄(はね みきお) 氏
 ウ 自社技術×開放特許から生まれる製品発想法
    ~脱下請けのオリジナル製品作りのワークショップ~(14時05分から15時35分)
   ・自社の強み探索
   ・開放特許紹介(約20件)
   ・自社の強みと開放特許を掛け合わせるアイデア出し
   ・ネーミングから考える発想法
   *途中10分間休憩あり 
   【講師】コスモス国際特許商標事務所 弁理士 富澤 正 氏
 エ 愛知県の中小企業支援施策紹介(15時35分~15時55分)
    愛知県 産業科学技術課 職員

2 参加対象

 自社製品開発・新事業創出・既存製品の付加価値向上に関心のある中小企業の経営者、知財担当者、開発担当者等

3 定員

 40名(申込先着順、要事前申込)
 ※定員超過の場合のみ、御連絡させていただきます。

4 参加費

 無料

5 主催等

 主催 愛知県
 共催 公益財団法人あいち産業振興機構
 後援 日本弁理士会東海支部
 協力 名古屋銀行、愛知銀行、中京銀行

6 申込方法

 以下の申込専用フォームからお申込みいただくか、チラシ裏面の参加申込書に必要事項を御記入の上、メール、FAXにてお申込みください。

7 申込期限

 平成31年2月6日(水曜日)

8 申込み・問合せ先

 愛知県産業労働部 産業科学技術課 研究開発支援グループ(近藤、加藤)
 電話 052-954-6370 FAX 052-954-6977
 メール san-kagi@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)