ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > あいちの知的財産戦略 > 「知的財産経営サロン」の参加者を募集します!

「知的財産経営サロン」の参加者を募集します!

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月10日更新

「知的財産経営サロン」の参加者を募集します!

 

 愛知県では、「あいち科学技術・知的財産アクションプラン2016-2020」に基づき、知的財産に関する多様で幅広い取組を進めています。その一環として、知的財産を産業競争力の源泉と位置付け、経営戦略に組み込む「知財経営」の推進を図るため、中小企業の経営者等を対象とした「知的財産経営サロン」を2013年度から開催しています。 

本年度は、2019年7月から2020年2月まで、合計7回の講座として開催します。

 キックオフとなる第1回は、知的財産に関して幅広く気軽に意見交換いただける、異業種交流会を開催します。また、第2回からは、弁理士等が講師となるゼミ形式の講座を開催します。

 参加は原則無料で、途中の回からの参加も可能です。是非御参加ください。 

1 開催スケジュール

開催スケジュール
 日  時(*)内  容講 師
第1回

7月18日
(木曜日)

【第1部】
17時00分

18時10分  

○第1部

リアルな知財攻防術

 ~警告状にうろたえない心と技~

日本弁理士会東海会

知的財産支援委員会

委 員 北川修平(きたがわしゅうへい)

          

○第2部

知的財産を経営に活かす!

 ~知的財産経営サロンとは?~

 

日本弁理士会東海会

知的財産支援委員会

委員長 和田 直斗(わだ なおと)

【第2部】
18時30分

20時00分

○交流会

日本弁理士会東海会所属弁理士等
第2回

8月22日
(木曜日)

17時30分

19時00分 

○知的財産って何ですか?

~まずは知ることから始めよう!~

日本弁理士会東海会所属弁理士等
 
第3回

9月19日
(木曜日)

17時30分

19時00分

○中小企業でも知的財産は必要ですか?

~メリット・デメリットを考えてみよう!~

第4回

11月21日
(木曜日)

17時30分

19時00分

○知的財産の保護とは?活用とは?

~事業戦略と共に考えてみよう!~

第5回

12月19日
(木曜日)

17時30分

19時00分

○知的財産を経営に活かすためには?

~過去の事例から学んでみよう!~

第6回

1月16日
(木曜日)

17時30分

19時00分

○デザインやブランドも重要ですか?

~意匠・商標で他社との差別化を図ろう!~

第7回

2月20日
(木曜日)

17時30分

19時00分

○知的財産で事業を加速させるためには?

~事業計画に知的財産活動を取り入れよう!~

(*) 第2回以降の日時・内容は変更となる場合があります。

2 会場

【第1回】

名古屋商工会議所3階 会議室(交流会は名古屋商工会議所2階 名商グリル)

名古屋市中区栄二丁目10番19号 電話052-211-3110

【第2~7回】

日本弁理士会東海会(名古屋商工会議所8階)

名古屋市中区栄二丁目10番19号 電話052-211-3110

3 参加対象

個人事業主、企業経営者、企業担当者(知的財産担当者に限りません)

 

4 定員

50名(申込先着順。定員超過の場合のみ、御連絡させていただきます)

※途中の回からの参加も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

 詳細は日本弁理士会東海会ホームページをご確認ください。

5 参加費

無料

※ただし、第1回の交流会に参加される方のみ、参加費3,000円(飲食代含む)

6 申込方法・申込先

日本弁理士会東海会ホームページの申込専用フォーム、もしくは申込書に必要事項を記載の上、メール、FAX又は郵送でお申し込みください。

<申込先>日本弁理士会東海会

〒460-0008 名古屋市中区栄二丁目10番19号 名古屋商工会議所ビル8階

FAX052-220-4005 メールinfo-tokai@jpaa.or.jp

・チラシ(裏面に申込書あり) [PDFファイル/508KB]

7 申込期限

各回開催日の4日前まで(郵送の場合は必着)

8 主催

愛知県、名古屋商工会議所、日本弁理士会東海会

9 問合せ先

愛知県 経済産業局 産業部 産業科学技術課 研究開発支援グループ(村上、近藤)

 電話052-954-6370 FAX052-954-6977

日本弁理士会東海会 事務局(西澤)

 電話052-211-3110 FAX052-220-4005 メールinfo-tokai@jpaa.or.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)