ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 開催に向けた準備状況 > 平成30年度の取組

平成30年度の取組

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月2日更新
昨年度に引き続き、主に第20回アジア競技大会の県民の皆様への周知を目的としてPRを行っています。

ブース出展イベント

2018ジャカルタパレンバンアジア大会ファンラン

 第20回アジア競技大会と平成30年8月18日(土曜日)から9月2日(日曜日)までインドネシアにて開催される第18回アジア競技大会のPRを行うため、名城公園ランニングコースで、アジア大会ファンランを開催しました。

日時:平成30年7月7日(土曜日) 午前10時から

場所:名城公園ランニングコース(名古屋市北区名城一丁目)

主催:アジア競技大会愛知・名古屋合同準備会、OCA、JOC、インドネシアアジア競技大会組織委員会(INASGOC)

参加者:38組111名

ゲストランナー:室伏広治さん(アテネオリンピック金メダリスト)、田中恒成選手(WBO世界フライ級王者)

内容:家族・友人でチームを作り、1周1.3kmのコースを、楽しみながら30分間で何周走れるかに挑戦するリレーラン

アジア大会ファンラン

ナナちゃんディスプレイお披露目セレモニー

 第18回アジア競技大会開催にあわせ、第20回アジア競技大会を印象付けるウェアで「ナナちゃん」人形をディスプレイし、第20回アジア競技大会の開催PRを行いました。ディスプレイ初日には、お披露目セレモニーを実施しました。

ディスプレイ実施期間:平成30年8月15日(水曜日)から8月21日(火曜日)まで

お披露目セレモニー

日時:平成30年8月15日(水曜日) 午前10時から午前10時15分まで

場所:名古屋駅前「ナナちゃん」人形前(名古屋市中村区名駅一丁目2-1)

内容:大村知事、河村名古屋市長及びアジア競技大会の実施競技に取り組んでいる県内在住の児童4名によるテープカット及び記念撮影

 

 

ナナちゃんディスプレイお披露目セレモニー

真夏のオアシス大作戦との連携イベント

 オアシス21で開催された夏休みイベント「真夏のオアシス大作戦」と連携し、アジア競技大会のPRイベントを実施しました。 

1 めざせ記録更新!2026mm 超短距離走

期間:平成30年8月18日(土曜日)~8月24日(金曜日) 

場所:銀河の広場 北西側スペース

参加者:1,446名

内容:第20回アジア競技大会の開催年である「2026」にちなんで、2,026ミリメートルの超短距離を走り、タイムを競うゲーム。

 

2 アジア競技大会競技体験会

期間:平成30年8月19日(日曜日)

場所:銀河の広場 北側スペース

参加者:49名

内容:アジア競技大会で実施される競技(セパタクロー・カバディ)の体験ができるスポーツイベント。愛知セパタクロー及び愛知カバティの両クラブから指導していただきました。

 

3 第20回アジア競技大会PRツールの設置

期間:平成30年8月11日(土曜日)から9月2日(日曜日)まで

場所:銀河の広場 北西側スペース

内容:バックパネル、のぼり、ポスターなどのPRツールの設置

 

真夏のオアシス大作戦との連携イベント(2026mm走)

JOCレセプション

 第18回アジア競技大会の開催地であるインドネシア・ジャカルタにおいて、国際的に活躍しているスポーツ関係者等が参加するレセプションが開催され、その会場において、第20回アジア競技大会について職員が忍者に扮してPRを行いました。

日時:平成30年8月20日(月曜日) 午後6時半から午後8時まで

場所:ホテル ムリア セナヤン(インドネシア・ジャカルタ)

JOCレセプション

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)