ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 開催に向けた準備状況 > 「第20回アジア競技大会選手村後利用基本構想」の公表について

「第20回アジア競技大会選手村後利用基本構想」の公表について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月23日更新

「第20回アジア競技大会選手村後利用基本構想」の公表について

  愛知県及び名古屋市は、この度「第20回アジア競技大会選手村後利用基本構想」を公表しますので、下記のとおり、お知らせします。

1  基本構想の趣旨

 2022(令和4)年に弥富市へ移転予定の名古屋競馬場の敷地を、2026(令和8)年に開催する第20回アジア競技大会のメイン選手村として利用する予定です。大会時の選手村を計画するだけでなく、大会後もレガシー(遺産)として有効活用されるよう、大会を契機としたまちづくりの方向性を示すために、愛知県及び名古屋市が本構想を策定しました。

2  公表方法

  基本構想の閲覧を次のとおり実施します。
(1)閲覧開始日時
   2020年3月23日(月曜日)10時30分
(2)閲覧方法
   全文と概要版は以下からダウンロードが可能です。

第20回アジア競技大会選手村後利用基本構想(全文)

第20回アジア競技大会選手村後利用基本構想(概要版)

3  その他

 本基本構想は、名古屋市においても同様に公表され、市公式ウェブサイト等で閲覧が可能です。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)