ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類からさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 > 愛知県新型コロナウイルス感染症対策サイト > 【受付終了】「愛知県まん延防止等重点措置」の再延長に伴う「愛知県感染防止対策協力金【営業時間短縮要請枠】(3/7~3/21実施分)」の実施概要について

本文

【受付終了】「愛知県まん延防止等重点措置」の再延長に伴う「愛知県感染防止対策協力金【営業時間短縮要請枠】(3/7~3/21実施分)」の実施概要について

ページID:0385001 掲載日:2022年6月23日更新 印刷ページ表示

 愛知県は、「愛知県まん延防止等重点措置」の再延長に伴い、3月7日(月曜日)から3月21日(月曜日・祝日)までを対象期間とする「愛知県感染防止対策協力金【営業時間短縮要請枠】(3/7~3/21実施分)」を実施しますので、お知らせします。

1 対象期間

 2022年3月7日(月曜日)から3月21日(月曜日・祝日)まで

2 対象エリア

 愛知県内全域

3 対象事業者

 営業時間短縮要請を受けた飲食店等を運営する事業者
 ※飲食店営業許可又は喫茶営業許可が必要

4 要請内容・交付額等

  (1) 要請内容

  ア ニューあいちスタンダード認証店(あいスタ認証店)

 3月7日から3月21日までの期間において、時短1又は時短2のどちらかを選択し、協力することで、協力金の交付対象となります。
 なお、期間内における選択は、変更できません。

 【時短1】 従前より5時から20時までの時間帯を越えて営業する店舗が、5時から20時までの営業時間短縮(酒類の提供を行わない)

 【時短2】 従前より5時から21時までの時間帯を越えて営業する店舗が、5時から21時までの営業時間短縮(酒類の提供は11時から20時まで)

 イ その他の店

 従前より5時から20時までの時間帯を越えて営業する店舗が、5時から20時までの営業時間短縮(酒類の提供を行わない)に協力することで、協力金の交付対象となります。

 

<貼紙の例>

 ○20時までの時短 

貼紙の例-20時_0307-0321

 ○21時までの時短

貼紙の例-21時_0307-0321

  (2) 交付額等

  ア 売上高方式

 2019年、2020年又は2021年(参照年)3月の飲食事業(店舗ごと・テイクアウト除く)の売上高(税抜き)に応じて交付額を算出する方式です。

  イ 売上高減少額方式

 2019年、2020年又は2021年(参照年)3月の売上高と2022年3月の売上高を比較し、減少した額に応じて交付額を算出する方式です。

 
  あいスタ認証店(各期間いずれか1つを選択) その他の店
営業時間の短縮 午前5時~午後8時 午前5時~午後9時 午前5時~午後8時
酒類の提供※1 行わない 11時~20時 行わない
交付額
(1店舗1日あたり)
○中小企業※2
 売上高方式
 売上高に応じて
  3万円~10万円
○中小企業※2
 売上高方式
 売上高に応じて
  2.5万円~7.5万円
○中小企業※2
 売上高方式
 売上高に応じて
  3万円~10万円
○大企業
 売上高減少額方式
 売上高減少額の4割(最大20万円※3
主な要件 あいスタ認証店の認証ステッカーを掲示 ・県の「安全・安心宣言施設」のPRステッカーとポスターを掲示
・業種別ガイドラインの遵守

※1 「酒類の提供」には、酒類の持込を含む
※2  大企業と同様、売上高減少額方式とすることも可能
※3 21時まで営業する認証店(大企業)は、以下のいずれか低い額
   ・20万円
   ・2019年、2020年又は2021年の1月から3月までの1日当たり売上高×0.3

 

措置区域220304

こちらをクリックすると拡大できます [PDFファイル/325KB]

パネル220304

こちらをクリックすると拡大できます [PDFファイル/703KB] 


[参考情報]

○飲食店を県が認証する制度「ニューあいちスタンダード」については、下記をご覧ください。
 https://newaista-ninsho.jp/

○新型コロナウイルス感染防止対策に取り組む「安全・安心宣言施設」(PRステッカー・ポスターの取得方法等)については、下記をご覧ください。
 https://www.pref.aichi.jp/site/covid19-aichi/anshinpr2.html

業種別のガイドラインについては、下記をご覧ください。
 https://corona.go.jp/prevention/pdf/guideline.pdf

よくある質問(2022年3月18日版) [PDFファイル/1.68MB]

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)