ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類からさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 > 愛知県新型コロナウイルス感染症対策サイト > 新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業について (消費税仕入控除税額の報告・返還について)

本文

新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業について (消費税仕入控除税額の報告・返還について)

ページID:0365471 掲載日:2022年11月4日更新 印刷ページ表示

慰労金における消費税及び地方消費税仕入控除税額の報告・返還について

※2022年11月4日追記 案内・報告受付を開始しました。

○ 報告はこちらから ○

(あいち電子申請・届出システムを利用します)

消費税仕入控除税額の報告・返還についての概要

 2020(令和2)年に医療従事者等の皆様へ給付した「新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金」で、医療機関等に給付した振込手数料について、厚生労働省から、消費税及び地方消費税仕入控除税額の報告・返還が必要であると示されました。お忙しいところ大変恐れ入りますが、郵送によりご案内した医療機関等は以下のとおり、ご報告をお願いします。

報告方法

インターネット(あいち電子申請・届出システム)又は郵便で受け付けます。

※報告に係る各種経費や紙資源の節減等の観点から、インターネット(あいち電子申請・届出システム)での報告を推奨します。

○ 報告はこちらから ○

(あいち電子申請・届出システムを利用します)​

報告締切:2022(令和4)年12月9日金曜日まで(郵送の場合、必着)

※締切にかかわりなく、早めに報告するようにしてください。

報告入力の前にご用意いただく必要のあるもの

(1)慰労金 実績報告書(2021(令和3)年度に提出していただいたもの)の写し【提出不要】※1

(2)令和2年度決算分(慰労金を給付した月を含む年度)の消費税申告書の写し【要提出】※2

※1 お手元に実績報告書の写しがない場合、郵送したお知らせに給付実績額等を記載していますので、それを参考に報告してください。

※2 令和2年度医療機関・薬局等における感染拡大防止等支援事業補助金(支援金)の仕入控除税額報告をしていただいている場合、消費税申告書の写しを改めて提出する必要はありません。

主な報告内容

・給付実績額及び返還有無について

・返還無の場合はその理由(以下フローチャートをもとに記載してください)

・返還有の場合課税売上割合及び県への返還が必要となる額

※返還額が0円でも報告が必要です。

※報告すべき内容がわからない場合、税理士等に確認をお願いします。

 

返還時期

2023(令和5)年1月~2月に返還(別途連絡します)

○ 報告はこちらから ○

(あいち電子申請・届出システムを利用します)​

フローチャート

報告の際は、該当する項目名か、(7)の場合は返還額を回答してください。

フローチャート

※ 郵送による報告を希望する場合は、以下の様式をダウンロードし、記載したものを郵送してください。

報告様式 [Excelファイル/38KB]

<郵送先>※県庁直通。東片端郵便局留めとしないように注意してください。

〒460-8501(郵便番号のみで届きます)

愛知県 保健医療局 健康医務部 医務課

 医療従事者支援グループ 慰労金担当 宛て

 

消費税及び地方消費税の仕入控除とは

 消費税は、事業者に負担を求めるものではありません。税金分は事業者が販売する商品やサービスの価格に含まれて、次々と転嫁され、最終的に商品を消費し、又はサービスの提供を受ける消費者が負担することとなります。

 生産、流通、販売などの各段階で二重、三重に税が課されることのないよう、課税売上げに係る消費税額から課税仕入れ等に係る消費税額を控除し、税が累積しない仕組みとなっています(仕入税額控除制度)。

仕入控除税額の返還とは

 各事業者が申告・納付する消費税額は、原則として、その課税期間中の課税売上げに係る消費税額(仮受消費税)から課税仕入れ等に係る消費税額(仮払消費税)を控除(「仕入控除」といいます)して計算することになります。

 この際、本来、仮払消費税となる部分について、補助金が充当されると、その分の消費税負担(支出)がないにもかかわらず、仮受消費税から同額を控除できるので、当該額が事業者の利益となってしまいます。この場合、補助金制度の趣旨からして適当ではないため、その分の補助金を県へ返還する必要があります。

 ただし、全ての事業者が返還を要するとは限りません。返還の有無については、フローチャートをご確認ください。

 

○ 報告はこちらから ○

(あいち電子申請・届出システムを利用します)

仕入控除税額の報告・返還事務 お問い合わせ先

保健医療局健康医務部医務課医療従事者支援グループ

052-954-6983(ダイヤルイン)

aichi-iroushien-iryo@pref.aichi.lg.jp

愛知県新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金(医療分)交付事業(医療従事者慰労金)について 【終了しました。】

慰労金の概要 【終了しました。】

 医療機関等に勤務する医療従事者や職員は、新型コロナウイルス感染症の拡⼤防⽌・収束に向けてウイルスに⽴ち向かい、感染すると重症化するリスクが高い患者との接触を伴うこと、継続して提供することが必要な業務であること及び医療機関での集団感染の発生状況から、相当程度心身に負担がかかる中、強い使命感を持って、業務に従事していることに対し、慰労金を給付する。
 なお、本事業は、慰労金の申請受付及び支払等を愛知県国民健康保険団体連合会(以下、「県国保連」という。)に委託しております。

対象者及び給付額 【終了しました。】

対象者及び給付額

申請受付期間 【終了しました。】

2020年7月30日から2021年2月28日まで
(毎月の申請受付は、15日から末日までです。)
※申請は受付期間中、1回のみとします。

慰労金の支払 【終了しました。】

 国保連より、代理申請を行った医療機関等に振り込みます。振り込まれたら、速やかに給付対象者へ給付をお願いします。
(個人による申請の場合は、県から振り込みます。)
※医療機関等への振り込みは、申請の翌月の末日以降となります。

よくあるご質問

関連資料(厚生労働省通知)

関連ページ

厚生労働省ホームページ
愛知県関連事業ページ

お問い合わせ先

愛知県保健医療局 健康医務部 医務課 医療従事者支援グループ
 電話番号 052-954-6983 (受付時間:平日9時00分~17時00分)
※愛知県保健医療局医療機関等慰労金・支援金事務局コールセンターは令和3年3月31日をもちまして終了いたしました。
Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)