ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 >                               > 医療機関・薬局等における感染拡大防止対策等支援事業(医療機関院内感染防止対策事業費補助金の交付申請)について

医療機関・薬局等における感染拡大防止対策等支援事業(医療機関院内感染防止対策事業費補助金の交付申請)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月30日更新

医療機関・薬局等における感染拡大防止対策等支援事業(医療機関院内感染防止対策事業費補助金の交付申請)について

医療機関院内感染防止対策事業費補助金(以下「支援金」という。)

1 支援金の概要

・趣旨
 厚生労働省の「新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(医療分)実施要綱」に基づき、新型コロナウイルス感染症の院内等での感染拡大を防ぐための取組を行う病院・診療所・薬局・訪問看護ステーション・助産所に対して、感染拡大防止対策や診療体制確保などに要する経費を補助するものです。
補助上限額
区分金額
病院(医科、歯科)200万円+5万円×病床数
有床診療所(医科、歯科)200万円
無床診療所(医科、歯科)100万円
薬局、訪問看護ステーション、助産所70万円

 

2 補助対象機関

新型コロナウイルス感染症の院内等での感染拡大を防ぐための取組(※)を行う以下の機関
⑴ 病院・診療所(保険医療機関に限る。)
⑵ 薬局(保険薬局に限る。)
⑶ 訪問看護ステーション(指定訪問看護事業者に限る。)
⑷ 助産所
※ 取組の例(例示であり、これに限られるものではありません。)
・ 共通して触れる部分の定期的、頻回な清拭、消毒などの環境整備
・ 予約診療の拡大、整理券の配布等を行い、患者に適切な受診の仕方を周知
・ 発熱等の症状を有する新型コロナ疑いの患者とその他の患者が混在しないよう、動線の確保やレイアウト変更、診療順の工夫など
・ 電話等情報通信機器を用いた診療体制等の確保
・ 感染防止のための個人防護具等の確保
・ 医療従事者の感染拡大防止対策(研修、健康管理等)

3 補助対象経費(2020年4月1日から2021年3月31日までにかかる費用)

⑴ 感染拡大防止対策に要する費用
⑵ 院内等での感染拡大を防ぎながら地域で求められる医療を提供するための診療体制確保等に要する費用
※ いずれも従前から勤務している者及び通常の医療の提供を行うものに係る人件費は対象外です。
※ 経費の例(例示であり、これらに限られるものではありません。)
  清掃委託、洗濯委託、検査委託、寝具リース、感染性廃棄物処理、個人防護服の購入等

4 申請受付期間(概算払)  ※申請は一回のみとなります

毎月15日から月末までの間
(診療報酬請求時期と重ならないようにするため。)
(申請受付期間:令和2年7月30日から令和3年2月末日<当日消印有効>)

5 申請(概算払)手続き

申請する方は、以下の申請マニュアルで詳細を確認の上、(1)から(4)のいずれかの方法により申請してください。
(オンライン申請・WEB申請様式)
申請ファイルの注意点等について

※ ファイルの文字化けが報告されております。問い合わせフォームからメールでご連絡いただければ、個別のアドレスにエクセルファイルをお送りさせていただきます。

※ ファイルをダウンロードの上、マクロを有効にしてから入力を行ってください。
※申請書等ファイルの使用推奨環境は、WindowsでExcel2013以降です。(MAC、スマートフォン、タブレット端末ではマクロが作動しません。)
※申請の際は、入力したファイルをそのまま提出するのではなく、必ず「提出用ファイル」を出力した上で、申請をお願いいたします。

⑴ 愛知県国民健康保険団体連合会(以下「国保連」という。)の「オンライン請求システム」(毎月の診療報酬請求に使用しているシステム)
⑵ オンライン請求システム未導入の医療機関等の場合
  以下の「WEB申請受付システム」からメールアドレスを登録して、利用者登録を行ってください。
※ 申請受付事務の効率化を図るため、「オンライン診療システム」又は「WEB申請受付システム」を可能な限り選択してください。
⑶ インターネット環境に対応していないが「マイクロソフトexcel2013以降」が利用できる場合
  オンライン申請・WEB申請で使用する申請書、事業計画書の様式をダウンロードし、必要事項をご記入の上、電子媒体(CD等)に格納して愛知県国保連医療機関等慰労金・支援金受付宛てに郵送。
⑷ インターネット環境に対応しておらず「マイクロソフトexcel2013以降」も利用できない場合
  以下の様式を印刷し、必要事項をご記入・押印の上、紙媒体により愛知県国保連医療機関等慰労金・支援金受付宛てに郵送。
※ 書き損じた場合、訂正では受付ができませんので、必ず書き直してください。
※ 「マイクロソフトexcel」で作成する様式は自動計算されるため、違算が発生しませんが、紙媒体の場合は手計算のため違算がないか必ず確認してください。
 
郵送先(以下( )内も含めて全て記載してください)

〒461-0001 名古屋東片端郵便局留

(〒461-8532 名古屋市東区泉1-6-5 愛知県国保連内医療機関等慰労金・支援金受付あて)

「緊急包括支援交付金申請書(支援金)在中」

 

 

6 よくあるご質問

7 概算払に係る実績報告

現在、実績報告に係る詳細(様式、提出時期など)については準備中です。
詳細が整いましたら本ページでお知らせいたしますので、もうしばらくお待ちください。

8 申請(精算払)について

現在、精算払による交付申請に係る詳細(様式、手続きなど)については準備中です。

詳細が整いましたら本ページにてお知らせいたします。

なお、本事業は医療機関・薬局等において、速やかに院内等での感染拡大を防ぎながら、地域で求められる医療を提供することができるよう支援を行うことを目的しております。

そのため、医療機関等に対して迅速に補助金が交付できるよう、「概算払」での申請を原則としておりますので、「概算払」」での申請にできる限り御協力をお願いいたします。

概算払の交付申請の場合は、書類に不備がなければ申請月の翌月末を目処に補助金を交付しております。)

 

 

 

9 関連ページ

10 お問い合わせ先

(制度内容)
厚生労働省医政局新型コロナ緊急包括支援交付金に関する電話問い合わせ窓口
電話:0120-786-577(平日午前9時30分から午後6時まで)
※8月3日から上記番号に変更となっております。
(オンライン請求システム、WEB申請システムの操作に関するお問い合わせ)
国民健康保険中央会ヘルプデスク
※ 各システムからご確認ください。
(その他)
愛知県保健医療局医療機関等慰労金・支援金事務局コールセンター
電話:052-684-7180(平日午前9時から午後5時まで)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)