ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 >                               > 新型コロナウイルス感染症に関する「診療・検査医療機関」の指定及び「受診・相談センター」等の設置について

新型コロナウイルス感染症に関する「診療・検査医療機関」の指定及び「受診・相談センター」等の設置について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月21日更新

 これまで、新型コロナウイルス感染症を疑う症状がある方は、保健所に設置した「帰国者・接触者相談センター」に相談の上、県内51か所の「帰国者・接触者外来」等を受診し、検査を受けていただいていました。
 この度、愛知県では、季節性インフルエンザの流行期に備え、発熱患者等がかかりつけ医等の地域の医療機関に直接電話相談の上、診療・検査を受けられる体制を整えるため、愛知県医師会及び地区医師会等の協力の下、「診療・検査医療機関」を指定しましたので、お知らせします。
 また、かかりつけ医を持たず、受診先に迷う方に、医療機関を案内する電話相談窓口として「受診・相談センター」を保健所に設置するとともに、「電話相談体制を整備した医療機関」を指定します(発熱患者等の外来診療フロー図は、別添1 [PDFファイル/276KB]のとおり。)。
 こうした体制整備に伴い、これまでの「帰国者・接触者相談センター」及び「帰国者・接触者外来」の名称は廃止します。

1 診療・検査医療機関の指定

(1) 指定数
   1,197医療機関(市町村別の件数は別添2 [PDFファイル/296KB]のとおり)
(2) 指定医療機関のうち、公表の了承が得られた医療機関
   191医療機関(最新のリストはこちら
(3) 相談・受診方法
  ア 発熱等の症状が生じた場合には、まずは、かかりつけ医等に電話相談する。
  イ 相談先が分からない場合やかかりつけ医等で対応できない場合は、「受診・相談センター」や「電話相談体制を整備した医療機関」へ電話相談する。
  ウ 電話相談で案内された医療機関に電話連絡し、医療機関の指示に従って受診する。

2 電話相談窓口の設置

(1) 受診・相談センター
   県保健所(12か所)、名古屋市、豊橋市、岡崎市及び豊田市に設置(別添4 [PDFファイル/144KB]のとおり)
(2) 電話相談体制を整備した医療機関
   7医療機関を指定(別添4 [PDFファイル/144KB]のとおり)

3 新たな受診・相談体制の開始日

   2020年10月26日(月曜日)
 

参考

〇 「診療・検査医療機関」とは
   症状では鑑別し難い、インフルエンザと新型コロナウイルス感染症の両方の診療又は検査が適切に行えるよう専用の診察室等を設けるなど※して、受入体制を整備した医療機関(県指定)
  ※ ドライブスルー方式や、医療機関の敷地内でプレハブ・簡易テントを設置した上で診療を行う医療機関、診療時間のうち一部の時間帯を発熱患者専用の診療時間として設定する医療機関

〇 「電話相談体制を整備した医療機関」とは
   保健所に設置する「受診・相談センター」とともに、所在する地域の発熱患者等からの土日祝日や夜間の相談電話を受ける医療機関(県指定)
 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)