ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 愛知県の水素・FCVに関する取組 > 「水素エネルギー社会形成研究会 現地見学会inセントレア」を開催しました。

「水素エネルギー社会形成研究会 現地見学会inセントレア」を開催しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月29日更新

 中部国際空港島では、水素エネルギーの利活用拡大を目的に先進的な取組が行われています。これらの取組を発信するため、3月20日(水曜日)、3月22日(金曜日)、3月25日(月曜日)、3月26日(火曜日)の4日間、現地見学会を開催しました。4日間で134名の方にご参加いただきました。たくさんのご参加ありがとうございました。

※一般向けに開催された「来て!見て!なっとく!燃料電池バスで行く セントレア水素社会体験ツアー」の開催結果はこちら。

セントレア水素ステーション(東邦ガス(株))

水素ステーション
燃料電池バスで水素ステーションへ

WG取組紹介
併設された施設内で、セントレアにおける水素利活用モデル構築に向けた取組を紹介。

水素製造装置
水素製造設備等、バックヤードを見学。

燃料電池フォークリフト用水素充填所((株)鈴木商館)

水素充填所
貨物地区内にある燃料電池フォークリフト用水素充填設備。

パネル説明
パネルを使ってフローを説明。

充填デモ
実際の充填作業を見学(協力:中部スカイサポート(株)、ANA中部(株))

充填を見学

見学会に参加された方からは、

  • FCFL用の水素充填所はなかなか見る機会がないのでよかった。
  • 国と県の補助制度のことを初めて知った。
  • 今後も現地見学会をやってほしい。
  • 空港島内の取組を知ることができてよかった。
  • コストがもっと下がると良い。

といった感想をいただきました。

愛知県はこれからも水素社会普及に向けて取り組んでまいりますのでご理解ご協力をお願いします。

 データダウンロード

 ※著作権は愛知県に帰属します。無断転載、商業利用はできません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)