ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > あいち産業科学技術総合センター > 「計測分析に関する講演会」の参加者を募集します~新規導入装置GC×GC-TOF MS(ジーシーバイジーシートフマス)による有機材料分析 原理からアプリケーションまで紹介します~

「計測分析に関する講演会」の参加者を募集します~新規導入装置GC×GC-TOF MS(ジーシーバイジーシートフマス)による有機材料分析 原理からアプリケーションまで紹介します~

  あいち産業科学技術総合センター(以下、センター)では、種々の機器を用いた分析や評価を行うことにより、新技術開発や新製品開発、ものづくりの現場で発生する様々な課題の解決を支援しています。
 この度、従来の装置より分離能が飛躍的に向上し、プラスチックや油など各種有機材料分析の強力なツールとなるGC×GC-TOF MS※を新たに導入しました。そこで、企業の皆様により一層GC×GC-TOF MSを御利用いただくために、本装置の詳細について講演会を開催します。講演後は、センターの高度計測分析機器及び隣接するあいちシンクロトロン光センターの見学会も行います。
 技術開発に取り組む企業の方々を始め、どなたでも自由に参加できますので、皆様の御参加をお待ちしています。

1 日時

2021年7月8日(木曜日)  午後1時30分から午後3時30分まで(受付開始:午後1時)

2 開催形式

(1)会場開催
   あいち産業科学技術総合センター  1階  講習会室
   豊田市八草町秋合1267-1    電話:0561-76-8315
   (東部丘陵線リニモ「陶磁資料館南」駅 下車すぐ)

(2)オンライン開催
   ビデオ会議システム「Cisco Webex Meeting」によるオンライン配信
   ※申込者には別途参加方法をセンターからメールでお知らせします。

3 参加費

無料(ただし、通信機器代・通信料は自己負担です。)

4 内容

 
時間内容
13:30 ~ 13:35開会挨拶
13:35 ~ 14:25講演1
「GC×GC-TOF MSの原理とアプリケーション」
 GC×GC-TOF MSとは何か、分かりやすく説明します

    LECOジャパン合同会社  樺島 文恵(かばしま ふみえ) 氏
14:25 ~ 14:35休憩
14:35 ~ 15:00講演2
「あいち産業科学技術総合センターでの質量分析装置を活用した取組」

    あいち産業科学技術総合センター  共同研究支援部  船越 吾郎(ふなこし ごろう)
15:00 ~ 15:30見学会(希望者のみ)
センターの高度計測分析機器及びあいちシンクロトロン光センター
(オンライン配信に御参加の場合は、事前録画での機器紹介)

(詳細は別紙案内 [PDFファイル/350KB]を御参照ください)

5 定員

(1)会場開催:30名(申込先着順)※各社1名
     新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては、オンライン配信のみとする場合があります。

(2)オンライン配信:100名(申込先着順)

6 申込方法

(1)Webページからお申込みの場合
  http://www.aichi-inst.jp/acist/other/seminar/
  上記センターwebページの当講演会の欄の「申込」から「講演会・研修会等参加申込みフォーム」に以下の必要事項を御記入の上お申込みください。
  お申込み後、自動返信メールにて、講演会・講習会等申込み確認メールが届きます。
  講演会・研修会名:計測分析に関する講演会
  受講予定日:2021.7.8
  備考欄:参加方法(会場またはオンライン配信)

(2)メールでお申込みの場合
 件名を「計測分析に関する講演会7/8参加申込」とし、企業名、所在地、所属、氏名、電話番号、メールアドレス、参加方法(会場またはオンライン配信)を御記入の上、seminar@chinokyoten.pref.aichi.jpまでお申込みください。お申込み後、確認メールを送信します。

※お申込時点で定員に達していた場合は、早急にお断りの連絡をします。
   また、参加URLの連絡は申込期限(2021年7月6日(火曜日))の後となります。

7 申込期限

2021年7月6日(火曜日)午後5時
※ただし、定員になり次第締め切ります。

8 共催

愛知県、公益財団法人科学技術交流財団

9 問合せ先

あいち産業科学技術総合センター
共同研究支援部  計測分析室 (担当:船越、小久保)
電話:0561-76-8315
メール:seminar@chinokyoten.pref.aichi.jp
URL :http://www.aichi-inst.jp/

10 新型コロナウイルス感染症への対応

・発熱等(37.5℃以上)の症状がある方又は体調が優れない方は、参加をお控えください。なお、当日会場にて明らかに体調不良等と認められる場合には、参加をお断りする場合があります(当日入口で検温を行います。)。
・会場は、参加者同士の距離を十分に確保し、定期的に換気をします。
・会場出入口にアルコール消毒液を設置しますので、手指の消毒をお願いします。また、必ずマスクを着用してください。
・新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては、開催方法の変更や開催中止とする場合がありますので、あらかじめ御了承ください。

 

【用語説明】
用語説明
※ GC×GC-TOF MS2次元ガスクロマトグラフ飛行時間型質量分析装置の略称。有機物(気体、液体、固体)の定性分析を行う装置であり、クロマトグラフィーの原理によって試料中の各成分が分離され、その後、質量分析装置(MS)を用いて定性を行うことができる。2次元クロマトグラフの機能を搭載することにより、分離能が飛躍的に向上し、従来対応できなかった複雑な成分構成の試料にも対応できる。(公益財団法人JKA 2020年度機械振興補助事業により導入)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)