ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > あいち産業科学技術総合センター > 「三次元CAD初級研修」の参加者を募集します

「三次元CAD初級研修」の参加者を募集します

 航空宇宙産業や自動車産業などのモノづくり企業では、設計・開発業務において、三次元CAD(キャド)※1などのデジタルツールの活用がますます重要となっています。しかし、三次元CADは従来の二次元CADと比較して操作が複雑であり、中小企業では扱える技術者の育成が難しい状況です。
 そこで、あいち産業科学技術総合センター産業技術センター(刈谷市、以下、「センター」という)では、中小企業の方向けに「三次元CAD初級研修」を実施します。この研修では、航空宇宙産業などで活用されているハイエンド三次元CAD「CATIA(キャティア)※2」を使用して、三次元設計の基礎技術を実際に体験し、習得することができます。
 参加費は無料です。技術者のスキルアップや三次元CAD導入の参考にしていただける内容となっていますので、皆様の御参加をお待ちしています。

1  日時・内容

 
研修日程時間内容
第1回2021年
10月18日(月曜日)
9時30分~16時30分

CATIAの概要説明

基本操作

スケッチ操作

ソリッドモデリング

アセンブリ

サーフェスモデリング

ドラフティング

構造解析

10月20日(水曜日)9時30分~15時30分
10月 21日(木曜日)
第2回2021年
10月25日(月曜日)
9時30分~16時30分
10月27日(水曜日)9時30分~15時30分
10月28日(木曜日)

研修は、第1回、第2回ともに全3日間で、各回同一の内容です。また、研修開始日から終了日までの期間内は、研修会場においてCATIAを使用した自習が可能です。
※本研修は3日間で1セットとなっていますので、全日程の出席をお願いします。
※研修会場は、各日とも9時から入場可能です。

2  場所

あいち産業科学技術総合センター産業技術センター 1階 CAD/CAM研修室
刈谷市恩田町1丁目157番地1 電話: 0566-24-1841

3  対象

業務で三次元CADの利用を検討しており、かつ、過去にセンターで実施したCATIAの研修を受講していない県内中小企業(製造業)の方

4  定員

各回5名(1社1名とします。申込先着順。)

5  参加費

無料

6  申込方法

申込書 [PDFファイル/225KB]に御記入の上、「8 申込先及び問合せ先」まで、メール又はFAXでお申込みください。参加申込書を受付後、受講の可否をメール又は電話により10月12日(火曜日)午後5時までにお知らせします。
・申込書はセンター(刈谷市恩田町1丁目157番地1)で入手できます。
また、センターのWebページ(http://www.aichi-inst.jp/sangyou/)からもダウンロードできます。

7  申込期限

2021年10月8日(金曜日) 午後5時
(ただし、申込期限前でも定員になり次第締め切ります。その際はセンターのWebページで御案内します。)

8  申込先及び問合せ先

あいち産業科学技術総合センター産業技術センター
自動車・機械技術室  島津、斉藤、宮田
〒448-0013  刈谷市恩田町1丁目157番地1
電話:0566-24-1841   FAX:0566-22-8033
メール:r3_3d-cad_kenshuu@aichi-inst.jp
URL:http://www.aichi-inst.jp/

9  共催

あいち産業科学技術総合センター産業技術センター、愛知工研協会

10  新型コロナウイルス感染症への対応

・発熱等(37.5℃以上)の症状がある方、又は体調が優れない方は、出席をお控えください。なお、当日会場にて明らかに体調不良等と認められる場合には、出席をお断りする場合があります(当日入口で検温を行います)。
・会場は、参加者同士の距離を十分に確保し、定期的に換気をします。
・手洗いやマスク着用に御協力をお願いします。また、会場入口に手指の消毒液を設置しますので、手指の消毒をお願いします。
・新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては、開催中止とする場合がありますので、あらかじめ御了承ください。

【用語説明】
用語説明
※1
CAD
 Computer Aided Design(コンピュータ支援による設計)の略。
  JIS(日本産業規格)では「製品の形状、その他の属性データからなるモデルを、コンピュータの内部に作成し解析・処理することによって進める設計」と定義されている。
  二次元CAD(2D CAD)が立体図形を正面図・側面図・平面図等の二次元データとして表現し、表示・操作するのに対し、三次元CAD(3D CAD)は立体図形を三次元データとしてそのまま表現し、ディスプレイモニターなどの表示デバイスで陰影などを付け、三次元的に表示・操作する。
※2
CATIA
 Computer graphics Aided Three dimensional Interactive Application。
 航空機メーカーから独立、起業したダッソー・システムズ社(フランス)が開発した三次元CADであり、航空機産業における標準的なCADとされている。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)