ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > あいち産業科学技術総合センター > 知の拠点あいち重点研究プロジェクトの成果を紹介する「成果活用プラザ 展示コーナー」を整備しました

知の拠点あいち重点研究プロジェクトの成果を紹介する「成果活用プラザ 展示コーナー」を整備しました

 あいち産業科学技術総合センター産業技術センターでは、知の拠点あいち重点研究プロジェクト(II期)の研究成果の普及を図るため、「重点研究プロジェクト(II期)成果活用プラザ」を2019年4月に設置して、プロジェクト参加企業の事業化支援と地域企業への技術移転を推進しています。
 この度、本センター内の本館2階ロビーと技術開発交流センター2階に「成果活用プラザ 展示コーナー」を新たに整備し、研究成果の試作品などを展示することとしました。
 今後、研究成果を積極的に情報発信し、その普及に努めていきます。

1 設置開始日

2019年7月26日(金曜日)

2 場所

あいち産業科学技術総合センター産業技術センター

本館2階ロビー及び技術開発交流センター2階「成果活用プラザ 展示コーナー」

(住所 愛知県刈谷市恩田町1丁目157番地1 電話 0566-24-1841 名鉄一ツ木駅より徒歩10分。車での来場も可能。)

3 見学可能時間

開庁日の午前8時45分から午後5時30分まで

(技術開発交流センターは午前9時から)

4 展示内容

水素エネルギー、先進材料・加工及びロボット等に関する研究成果の展示(重点研究プロジェクトI期の研究成果も含む)

主な展示物等は下記のファイルを御参照ください。

用語説明

※1 知の拠点あいち重点研究プロジェクト

 高付加価値のモノづくりを支援する研究開発拠点「知の拠点あいち」を中核に実施している産学行政の共同研究開発プロジェクト。2011年度から2015年度まで「重点研究プロジェクト(I期)」を実施。2016年度から2018年度まで「重点研究プロジェクト(II期)」を実施。

「重点研究プロジェクト(II期)」の概要
目的

大学等の研究シーズを活用して県内主要産業が有する課題を解決し、新技術の開発・実用化や新産業の創出を促進する。プロジェクト終了時には、県内企業において、成果の実用化や製品化、社会での活用を見込むことができる研究開発を実施する。

実施期間

2016年度から2018年度まで

参画機関

17大学11公的研究機関等99企業(うち中小企業73社) (2019年3月時点)

プロジェクト名

・次世代ロボット社会形成技術開発プロジェクト

・近未来水素エネルギー社会形成技術開発プロジェクト

・モノづくりを支える先進材料・加工技術開発プロジェクト

 

次世代ロボット社会形成技術開発プロジェクト(プロジェクトR)

研究テーマ

(1)高齢者が安心快適に生活できるロボティックスマートホーム

(2)介護医療コンシェルジュロボットの研究開発

(3)航空エンジン製造自動化システムに関する研究開発

(4)施設園芸作物の収穫作業支援ロボットの研究開発

(5)鳥獣害・災害対応ドローンに関する研究開発

(6)愛知次世代ロボットの産業化・市場創出を推進する要素技術開発

(7)ロボット実用化のためのリスクアセスメント支援システム構築

(8)眼球運動を指標としたドライバ状態検知技術の実用化

(9)交通事故低減のための安心安全管理技術の開発

参画機関

10大学8公的研究機関等38企業(うち中小企業24社) (2019年3月時点)

 

近未来水素エネルギー社会形成技術開発プロジェクト(プロジェクトE)

研究テーマ

(1)燃料電池フォークリフト用充填装置と水素製造触媒装置の開発

(2)高耐久性水素製造用改質触媒の開発

(3)メタン直接分解水素製造システムの開発

(4)アルミ陽極酸化処理過程で発生する副生水素の活用システム構築

(5)水素社会形成に向けた、小型・高効率燃料電池部材技術の開発

(6)水素炎を用いる加熱炉の開発

(7)省電力・高耐久ディスプレイの実現に向けたマイクロLED実装研究

(8)深紫外280nm(UV-C) LEDの開発・製品化

参画機関

7大学4公的研究機関20企業(うち中小企業18社) (2019年3月時点)

 

モノづくりを支える先進材料・加工技術開発プロジェクト(プロジェクトM)

研究テーマ

(1)焼かずに作るセラミックスのシンクロトロンによる解析と産業応用

(2)窯業競争力向上のためのセラミックス焼成収縮・変形の解明

(3)シンクロトロン光の清酒製造プロセスへの活用

(4)シンクロトロン次世代ナノ・マイクロ加工技術の開発

(5)デバイス実装用高熱伝導部材およびデバイス材料研削砥石の開発

(6)航空機製造工程の革新によるコスト低減と機体の軽量化・高性能化

(7)自動車軽量化のための熱可塑性炭素繊維強化樹脂の加工技術開発

(8)セルロースナノファイバーを活用した高機能複合材料開発と実用化

(9)革新的金型製造技術の開発とその産業応用

参画機関

9大学2公的研究機関42企業(うち中小企業31社) (2019年3月時点)

※2 重点研究プロジェクト(II期)成果活用プラザ

 愛知県が「重点研究プロジェクト(II期)」の研究成果を活用して地域の産業振興を図るために、2019年4月から「あいち産業科学技術総合センター」に設置。

 活動概要や担当部署等の詳細は、下記Webページに掲載。

http://www.chinokyoten.pref.aichi.jp/cooperation/project02-01.html

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)