ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > あいち産業科学技術総合センター > 知の拠点あいち重点研究プロジェクト(II期)成果普及セミナーの参加者を募集します~水素エネルギー及び先進材料・加工技術にかかる開発成果等を報告~

知の拠点あいち重点研究プロジェクト(II期)成果普及セミナーの参加者を募集します~水素エネルギー及び先進材料・加工技術にかかる開発成果等を報告~

 愛知県では、「知の拠点あいち重点研究プロジェクト※1(II期)」で生まれた様々な技術や試作品等の開発成果(以下、成果という)を有効活用して、地域の産業振興を図るため、あいち産業科学技術総合センター(刈谷市)に「重点研究プロジェクト(II期)成果活用プラザ※2」を設置して、成果の普及や技術移転、成果を活用した企業の製品開発支援などを行っています。
 知の拠点あいち重点研究プロジェクト(II期)のうち「近未来水素エネルギー社会形成技術開発プロジェクト※3」では、水素の製造や利用等の研究開発を実施し、「モノづくりを支える先進材料・加工技術開発プロジェクト※4」では、先進材料や加工技術の開発を実施しました。
 この度、本プロジェクトの成果の活用と普及を目的としたセミナーを3つのテーマでそれぞれ開催します。多くの皆様の御参加をお待ちしています。

成果普及セミナー 1

1 行事名

知の拠点あいち重点研究プロジェクト(II期)成果普及セミナー
「近未来水素エネルギー社会形成技術開発」

2 期間

第1回セミナー 
 2021年3月 8日(月曜日)から3月12日(金曜日)まで(Web配信)
第2回セミナー 
 2021年3月15日(月曜日)から3月19日(金曜日)まで(Web配信)

3 形式

上記期間中、録画した講演内容をWeb配信します。
各回初日の10時頃から配信開始します。

4 定員

定員に制限はありません(要事前申込み)。

5 主催

愛知県(あいち産業科学技術総合センター産業技術センター)

6 後援

公益財団法人科学技術交流財団、愛知工研協会

7 内容

(1)第1回セミナー(2021年3月8日(月曜日)から3月12日(金曜日)まで)

 

時間

講演内容/講師

取組紹介

「重点研究プロジェクトにおける水素関連事業の紹介」

講師:
あいち産業科学技術総合センター産業技術センター化学材料室
主任研究員 鈴木(すずき) 正史(まさし)

講演1

「高耐久性水素製造用改質触媒の開発」

講師:
伊藤忠セラテック株式会社 技術部触媒開発課
課長代行 髙橋(たかはし) 陽(あきら) 氏、下里(しもさと) 純也(じゅんや) 氏

講演2

「アルミニウムの陽極酸化時に発生する副生水素回収システムの研究開発」

講師:
株式会社アルマックス 製造部
部長 伊藤(いとう) 英樹(ひでき) 氏、青木(あおき) 稔(みのる) 氏、係長 倉知(くらち) 睦(むつみ) 氏

 

(2)第2回セミナー(2021年3月15日(月曜日)から3月19日(金曜日)まで)

 

時間

講演内容/講師

取組紹介

「重点研究プロジェクトにおける水素関連事業の紹介」

講師:
あいち産業科学技術総合センター産業技術センター化学材料室
主任研究員 鈴木(すずき) 正史(まさし)

講演1

「メタン直接分解水素製造システムの開発」

講師:
株式会社伊原工業
代表取締役 伊原(いはら) 良碩(りょうせき) 氏

講演2

「水素社会形成に向けた小型・高効率燃料電池部材技術の開発」

講師:
株式会社名城ナノカーボン
代表取締役 橋本(はしもと) 剛(つよし) 氏

8 参加費

無料(ただし、通信料は自己負担となります。)

9 申込方法

事前申込みが必要です。
下記申込書をダウンロードし、必要事項を記入して、FAX又は電子メールで申込先に送付してください。
※セミナー参加申込者には、後日、Web配信の聴講方法をお伝えします。

10  申込期限

2021年3月4日(木曜日)必着

11 申込み・問合せ先

あいち産業科学技術総合センター 産業技術センター
化学材料室(担当 鈴木、犬飼、阿部)
〒448-0013  刈谷市恩田町1丁目157番地1
電話:0566-24-1841  FAX:0566-22-8033
メール:kagaku_2@aichi-inst.jp

成果普及セミナー2

1 行事名

知の拠点あいち重点研究プロジェクト(II期)成果普及セミナー
「高精度・高能率を支える生産加工技術」

2 日時

2021年3月12日(金曜日)午後1時30分から午後3時まで(ライブ配信)

3 形式

Zoomによるオンラインセミナー方式

4 定員

90名(申込先着順)

5 共催

あいち産業科学技術総合センター産業技術センター、公益財団法人科学技術交流財団

6 後援

愛知工研協会

7 協賛

公益社団法人精密工学会東海支部

8 内容

 
時間講演内容/講師

講演1

(午後1時40分から
午後2時20分まで)

「産学連携を通した次世代生産加工技術の研究開発」

講師:
名古屋大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻
教授 社本(しゃもと) 英二(えいじ) 氏

講演2

(午後2時20分から
午後3時まで)

「びびり振動抑制を実現する高能率切削加工技術」

講師:
名古屋大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻
助教 早坂(はやさか) 健宏(たけひろ) 氏

9 参加費

無料(ただし、通信料は自己負担となります。)

10 申込方法

事前申込みが必要です。
下記申込書をダウンロードし、必要事項を記入して、FAX又は電子メールで申込先に送付してください。

※セミナー参加申込者には、後日、参加用URLをメールにてお知らせします。

11 申込期限

2021年3月10日(水曜日)必着
(ただし、期限前でも定員になり次第締め切らせていただき、Webページで御案内します。)

12 申込み・問合せ先

あいち産業科学技術総合センター産業技術センター
自動車・機械技術室(担当:河田、児玉、菅野、片岡)

〒448-0013 愛知県刈谷市恩田町1丁目157番地1
電話:0566-24-1841  FAX:0566-22-8033
メール:kikai@aichi-inst.jp

成果普及セミナー3

1 行事名

知の拠点あいち重点研究プロジェクト(II期)成果普及セミナー
「持続可能な社会構築に向けたセルロース資源利活用」

2 日時

2021年3月19日(金曜日)午後1時30分から午後4時10分まで

3 形式

「会場」開催及びMicrosoft Teamsによる「Web配信(ライブ配信)」

4 場所

あいち産業科学技術総合センター産業技術センター 1階講堂
(愛知県刈谷市恩田町1丁目157番地1   TEL:0566-24-1841)

5 定員

会場 20名(申込先着順)、Web配信 50名(申込先着順)

6 主催

あいち産業科学技術総合センター産業技術センター

7 後援

公益財団法人科学技術交流財団、愛知工研協会

8 内容

 
時間講習内容・講師

講演1

(午後1時30分から
午後2時まで)

「当センターのセルロースナノファイバー開発と応用について」

講師:
あいち産業科学技術総合センター産業技術センター
主任研究員 森川(もりかわ)  豊(ゆたか)

講演2

(午後2時から
午後3時まで)

「素材としてのセルロース」

講師:
セルロラボ(前 三菱製紙株式会社所属)
代表 高岡(たかおか)  和千代(かずちよ) 氏

講演3

(午後3時10分から
午後4時10分まで)

「三重エネウッドのバイオマス利活用の取組について」

講師:
三重エネウッド株式会社
取締役所長 小山内(おさない)  靖(やすし) 氏

9 参加費

無料(ただし、Web配信に係る通信料は自己負担となります。)

10 申込方法

事前申込みが必要です。
下記申込書をダウンロードし、必要事項を記入して、FAXまたは電子メールで申込先に送付してください。
※Web配信の参加申込者には、後日、参加用URLをメールにてお知らせします。

11 申込期限

2021年3月5日(金曜日)必着
(ただし、期限前でも定員になり次第締め切らせていただきます。)

12 申込み・問合せ先

あいち産業科学技術総合センター産業技術センター
環境材料室(担当:森川、伊藤)

〒448-0013 愛知県刈谷市恩田町1丁目157番地1
電話:0566-24-1841  FAX:0566-22-8033
メール:yutaka_morikawa@pref.aichi.lg.jp

用語説明

※1 知の拠点あいち重点研究プロジェクト

 高付加価値のモノづくりを支援する研究開発拠点「知の拠点あいち」を中核に実施している産学行政の共同研究プロジェクト。2011年度から2015年度まで「重点研究プロジェクト(I期)」を実施。2016年度から2018年度まで「重点研究プロジェクト(II期)」を実施。

「重点研究プロジェクト(II期)」の概要
目的大学等の研究シーズを活用して県内主要産業が有する課題を解決し、新技術の開発・実用化や新産業の創出を促進する。プロジェクト終了時には、県内企業において、成果の実用化や製品化、社会での活用を見込むことができる研究開発を実施する。
実施期間2016年度から2018年度まで
参画機関17大学11公的研究機関等99企業(うち中小企業73社)
(2019年3月時点)
プロジェクト名・次世代ロボット社会形成技術開発プロジェクト
・近未来水素エネルギー社会形成技術開発プロジェクト※3
・モノづくりを支える先進材料・加工技術開発プロジェクト※4

※2 重点研究プロジェクト(II期)成果活用プラザ

 愛知県が「重点研究プロジェクト(II期)」の研究成果を活用して地域の産業振興を図るために、2019年度からあいち産業科学技術総合センターに設置。
 活動概要や担当部署等の詳細は、以下のWebページに掲載。
 http://www.chinokyoten.pref.aichi.jp/cooperation/project02-01.html

※3 近未来水素エネルギー社会形成技術開発プロジェクト

 知の拠点あいちの施設・分析機器を活用し、水素社会形成に資する基盤技術、ならびに高効率エネルギー部材の開発を推進。
 本プロジェクトの研究開発成果は、以下のWebページに掲載。
 http://www.chinokyoten.pref.aichi.jp/cooperation/project02-03.html

近未来水素エネルギー社会形成技術開発プロジェクト(プロジェクトE)
研究テーマ

1 燃料電池フォークリフト用充填装置と水素製造触媒装置の開発

2 高耐久性水素製造用改質触媒の開発

3 メタン直接分解水素製造システムの開発

4 アルミ陽極酸化処理過程で発生する副生水素の活用システム構築

5 水素社会形成に向けた、小型・高効率燃料電池部材技術の開発

6 水素炎を用いる加熱炉の開発

7 省電力・高耐久ディスプレイの実現に向けたマイクロLED実装研究

8 深紫外280nm(UV-C) LEDの開発・製品化

参画機関  7大学4公的研究機関20企業(うち中小企業18社)(平成31年2月時点)
大学  名古屋大学、豊橋技術科学大学、中部大学、名城大学、中京大学、東海学園大学、岐阜大学
公的研究機関等

あいち産業科学技術総合センター、(国研)物質・材料研究機構、名古屋市工業研究所、豊田工業高等専門学校

企業
(五十音順)

(有)アルファシステム、(株)アルマックス、伊藤忠セラテック(株)、伊藤レーシングサービス(株)、(株)伊原工業、(株)オーイーエス、加藤精工(株)、KMテクニカ(株) 、(株)サーテックカリヤ、(株)チヨダセキュリティーサービス、東洋樹脂(株)、豊田合成(株)、(株)ネクロス、(株)ビートソニック、(株)広島、(同)横井鉄工所、三浦電気(株)、明治電機工業(株)、(株)名城ナノカーボン、山本匣鉢製造(株)

※4 モノづくりを支える先進材料・加工技術開発プロジェクト 

 食品・バイオから自動車・航空機産業まで多岐にわたる分野を支える先進材料・加工技術の開発について9件の開発テーマを設定し推進。 
 本プロジェクトの研究開発成果は、以下のWebページに掲載。
 http://www.chinokyoten.pref.aichi.jp/cooperation/project02-04.html

モノづくりを支える先進材料・加工技術開発プロジェクト(プロジェクトM)
研究テーマ

1 焼かずに作るセラミックスのシンクロトロンによる解析と産業応用

2 窯業競争力向上のためのセラミックス焼成収縮・変形の解明

3 シンクロトロン光の清酒製造プロセスへの活用

4 シンクロトロン次世代ナノ・マイクロ加工技術の開発

5 デバイス実装用高熱伝導部材およびデバイス材料研削砥石の開発

6 航空機製造工程の革新によるコスト低減と機体の軽量化・高性能化

7 自動車軽量化のための熱可塑性炭素繊維強化樹脂の加工技術開発

8 セルロースナノファイバーを活用した高機能複合材料開発と実用化

9 革新的金型製造技術の開発とその産業応用

参画機関  9大学2公的研究機関42企業(うち中小企業31社)(平成31年2月時点)
大学  名古屋大学、名古屋工業大学、愛知県立大学、中部大学、大同大学、岐阜大学、広島大学、金沢大学、東京大学
公的研究機関等  あいち産業科学技術総合センター、(公財)科学技術交流財団

企業
(五十音順)

アイコクアルファ(株)、旭ゴム化工(株)、旭精機工業(株)、(株)アドヴィックス、(株)イケックス工業、(株)磯村製作所、(株)INUI、オークマ(株)、川西塗装(株)、(株)神戸製鋼所、北川工業(株)、金虎酒造(株)、クロダイト工業(株)、玄々化学工業(株)、光生アルミニューム工業(株)、(株)三幸、(株)三琇エンジニアリングサービス、(株)三琇ファインツール、(株)三琇プレシジョン、新東工業(株)、(株)鈴木化学工業所、住友重機械工業(株)、高砂電気工業(株)、中京油脂(株)、中部エンジニアリング(株)、東亞合成(株)、東南精機(株)、中埜酒造(株)、(株)名古屋多田精機、(株)ニートレックス、日本特殊陶業(株)、富士シリシア化学(株)、(株)フジミインコーポレーテッド、丸ス釉薬(資)、(資)マルワイ矢野製陶所、三菱重工業(株)、(株)名機製作所、(株)メックインターナショナル、矢作産業(株)、ヤマキ電器(株)、(株)U-MaP、 (株)ルナクラフト