ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > あいち産業科学技術総合センター > 「技術講演会及び機器研修~めっき膜厚計(まくあつけい)の選び方~」の参加者を募集します

「技術講演会及び機器研修~めっき膜厚計(まくあつけい)の選び方~」の参加者を募集します

 あいち産業科学技術総合センター産業技術センターでは、めっき膜厚計に関する技術講演会及び機器研修を開催します。
 めっきは各種金属製品等の表面に防錆(ぼうせい)や装飾等の様々な効果を付与するため、その膜厚を測定することは、品質管理上重要です。膜厚の測定方法※は、電解式、渦電流(うずでんりゅう)式、蛍光X線式等複数の方法があり、測定対象のめっきの種類、測定精度、コスト、測定時間に応じて最適な測定手法を選択する必要があります。そこで、本講演会では、めっき膜厚計の測定原理及び特性について紹介し、引き続き機器研修として各種めっき膜厚計の実演も行います。

昨年度の技術講演会の様子
昨年度の技術講演会の様子

1 日時

2019年11月1日(金曜日)午後1時30分から午後4時まで
                 (受付は午後1時から)

2 場所

あいち産業科学技術総合センター 産業技術センター 講堂
  刈谷市恩田町一丁目157番地1 電話:0566-24-1841

3 内容 [PDFファイル/136KB]

(1)講演 「めっきの変化に伴う測定原理の選択、膜厚計の歩み」(午後1時30分から午後2時50分)

 講師 株式会社電測    営業部 片山 博貴(かたやま ひろたか)氏  技術部 深井 隆晶(ふかい たかあき) 氏

(2)機器研修「各種膜厚計の実演」(午後3時から午後4時)   

 講師が講演に引き続いて各種めっき膜厚計を実演します。

4  参加費

無料

5  対象者

金属材料の防錆(ぼうせい)処理(特にめっき処理)について関心のある方

6  定員

50名(申込先着順)

7  申込方法

申込書 [PDFファイル/136KB]に御記入の上、FAX又は電子メールでお申し込みください。
・申込書は産業技術センター(刈谷市恩田町一丁目157番地1)で入手できます。あいち産業科学技術総合センターのWebページ(http://www.aichi-inst.jp/news/)又は愛知工研協会のWebページ(http://www.aichi-kouken.jp/)からもダウンロードできます。

8  申込期限

2019年10月28日(月曜日)
※定員に達し次第締め切ります。
※参加受付証は発行しません。お申し込みの上、直接会場にお越しください。
   なお、定員超過により、御参加いただけない場合は連絡します。

9  共催等

共催:あいち産業科学技術総合センター産業技術センター
    一般社団法人日本防錆(ぼうせい)技術協会中部支部
    愛知工研協会
協賛:一般社団法人表面技術協会中部支部
    鍍金(めっき)技術研究会

10  申込先及び問合せ先

〇申込先
 愛知工研協会(担当:永野、高須)
  電話:0566-24-2080
  FAX:0566-24-2575
  E-mail:office@aichi-kouken.jp

〇講演内容の問合せ先
 あいち産業科学技術総合センター産業技術センター金属材料室
  金属表面加工担当(担当:杉本、山下)
  電話:0566-24-1841(代)

【解説】
用語説明
※膜厚の測定方法金属の防錆・装飾、プラスチックの装飾など、めっきの用途は様々であるため、その厚さ(膜厚)も、数μm(マイクロメートル)から数十μm、あるいはそれ以上と様々である。めっきの膜厚を測定する方法として次に挙げる装置が市販されている。
(1)電解式
一定面積のめっき皮膜を電気分解し、これに要する電気量から膜厚を測定する。
(2)渦電流式
めっき皮膜に高周波電流を流したコイルを近づけ、めっき内に生じる渦電流を検出することにより膜厚を測定する。
(3)蛍光X線式
めっき皮膜にX線を照射することにより生じる蛍光X線の強さから膜厚を測定する。
 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)