ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化芸術の振興 > あいちトリエンナーレ > 【知事会見】「あいちトリエンナーレ2019」プレイベント『池上彰のアートそうだったのか!! ~国際芸術祭と地域創生~』を開催します(募集を終了しました)

【知事会見】「あいちトリエンナーレ2019」プレイベント『池上彰のアートそうだったのか!! ~国際芸術祭と地域創生~』を開催します(募集を終了しました)


あいちトリエンナーレ実行委員会では、本年8月1日(木曜日)の「あいちトリエンナーレ2019」開幕に向けて、ジャーナリストの池上彰氏をお招きし、国際芸術祭が地域にどのようなレガシー(遺産)を残すことができるのか、津田大介芸術監督と対談していただくプレイベント『池上彰のアートそうだったのか!! ~国際芸術祭と地域創生~』を、今回新たに会場となる四間道・円頓寺地区で開催します。皆様の御参加をお待ちしています。

※定員に達したため、募集を終了しました。多数のご応募ありがとうございました。


1 イベント概要

(1)日時
平成31年4月17日(水曜日)午後6時30分から午後7時30分まで(開場 午後6時)

(2)会場
旧那古野(なごの)小学校 体育館(名古屋市西区那古野二丁目14番1号)
※名古屋駅(桜通口)から徒歩約12分、または地下鉄桜通線「国際センター駅」1番出口から徒歩約11分
※会場に駐車場はございませんので、公共交通機関で御来場ください。

(3)対談者
池上彰(いけがみあきら)氏(ジャーナリスト)
津田大介(つだだいすけ)氏(「あいちトリエンナーレ2019」芸術監督)

(4)定員・申込方法
300名(参加無料・要事前申込み)
※定員に達したため、募集を終了しました。多数のご応募ありがとうございました。

・あいちトリエンナーレ公式Webサイト イベント詳細ページ
http://aichitriennale.jp/event/preevent.html

2 池上彰氏の略歴

1950年、長野県生まれ。1973年にNHK入局。1994年から2005年まで「週刊こどもニュース」キャスター。2005年に独立。現在はフリーランスのジャーナリスト。名城大学教授、愛知学院大学特任教授。

3 津田大介氏の略歴

1973年生まれ。東京都出身。早稲田大学文学学術院教授。メディアとジャーナリズム、著作権、コンテンツビジネス、表現の自由などを専門に執筆活動を行う。近年は地域課題の解決や社会起業、テクノロジーが社会をどのように変えるかをテーマに取材を続ける。
主著に、『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)、『Twitter社会論』(洋泉社新書y)、『動員の革命』(中公新書ラクレ)、『情報の呼吸法』(朝日出版社)、『「ポスト真実」の時代』(日比嘉高氏との共著・祥伝社)など。世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2013」選出。第17回メディア芸術祭 エンターテインメント部門 新人賞受賞。

問合せ先

あいちトリエンナーレ実行委員会事務局 調整グループ
(愛知県県民文化部文化芸術課トリエンナーレ推進室内)

担当:田中、水越、有田、小田

住所:〒461-8525 名古屋市東区東桜一丁目13-2 愛知芸術文化センター6階

電話:052-971-6182 FAX 052-971-6115 

URL http://aichitriennale.jp/

E-mail triennale@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)