ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化芸術の振興 > あいちトリエンナーレ > 「あいちトリエンナーレ2019」映像プログラム 上映作品の全容が決定しました!

「あいちトリエンナーレ2019」映像プログラム 上映作品の全容が決定しました!

あいちトリエンナーレ実行委員会が開催する「あいちトリエンナーレ2019」の映像プログラムでは、テーマである「情の時代」に沿って、国内外のアーティスト・団体14組による15作品(※)を選定し、上映を行います。プログラムには、2019年のカンヌ国際映画祭の批評家週間「特別招待部門」に正式出品された富田克也(とみたかつや)の「典座 -TENZO-」など日本初上映となる3作品と、「情の時代」に触発され制作される新作映像作品1作品を含みます。
上映期間中、映画監督や作品に関連するゲストを招いて、トークイベントを実施し、作品の魅力などを伝えます。
また、8月9日(金曜日)にミッドランドスクエア シネマを会場として、特別オールナイト上映を開催します。ここでは、「情の時代」のテーマから特別に選定された映画作品を中心に5作品を上映します。

※「情」という漢字の意味である「感覚によっておこる心の動き(→感情・情動)」、「本当のこと・本当の姿(→実情・情報)」、「人情・思いやり(→なさけ)」を想像・連想させる独自の映像表現をもつ15作品

1 上映の概要

(1)上映期間
2019年9月15日(日曜日)から9月29日(日曜日)まで

(2)上映場所
愛知芸術文化センター アートスペースA/180席
(名古屋市東区東桜一丁目13-2 12階)

(3)入場について
国際現代美術展のチケットが必要です。
チケットに関する詳細は、「あいちトリエンナーレ2019」公式Webサイトをご覧ください。

(4)上映作品

上映作品
作品名映画作家上映時間制作年
ウロボロスバスマ・アルシャリフ77分2017
デトロイトキャスリン・ビグロー142分2017
共犯者たちチェ・スンホ105分2017
A Day in the Aichi(仮)[新作]カンパニー松尾(まつお)未定2019
ハイ・ライフクレール・ドゥニ113分2018
夜明け広瀬奈々子(ひろせななこ)113分2019
ホドロフスキーのサイコマジック[日本初上映]アレハンドロ・ホドロフスキー100分2019
空に聞く小森(こもり)はるか75分2018
コンゴ裁判ミロ・ラウ105分2017
民族の祭典
(「オリンピア」第一部)
レニ・リーフェンシュタール138分1938
美の祭典
(「オリンピア」第二部)
レニ・リーフェンシュタール97分1938
愛と法戸田(とだ)ひかる94分2017
さよならテレビ東海(とうかい)テレビ放送(ほうそう)77分2018
典座-TENZO-[日本初上映]富田克也(とみたかつや)62分2019
Grand Bouquet[日本初上映]吉開菜央(よしがいなお)15分2019

※上映スケジュール、トークイベントの詳細については、後日発表予定。

2 ミッドランドスクエア シネマ 特別オールナイト上映について

(1)上映期間
8月9日(金曜日)午後9時から8月10日(土曜日)午前6時(予定)まで

(2)上映場所
ミッドランドスクエア シネマ スクリーン9番/全席指定(167席)
(名古屋市中村区名駅四丁目11番27号 シンフォニー豊田ビル2階)

(3)入場について
前売・当日券ともに2,000円
(プレミアムシート(最後列I列)は、2,800円)
※国際現代美術展チケットでは入場できませんので、御注意ください。

(4)チケット取り扱い
7月8日(月曜日)からチケットぴあ(Pコード550-144)にて販売

(5)上映作品
作品名映画作家上映時間制作年
グレイテスト・ショーマンマイケル・グレイシー104分2017
search/サーチアニーシュ・チャガンティ102分2018
メッセージドゥニ・ヴィルヌーヴ116分2016
典座-TENZO-[日本初上映]富田克也(とみたかつや)62分2019
Grand Bouquet[日本初上映]吉開菜央(よしがいなお)15分2019

※富田克也、吉開菜央のトークイベントを実施予定。

3 問合せ先

あいちトリエンナーレ実行委員会事務局(小栁津、岡田)

住所 〒461-8525
名古屋市東区東桜一丁目13-2 愛知芸術文化センター6階
(愛知県県民文化局文化部文化芸術課トリエンナーレ推進室内)

電話 052-971-6127
FAX 052-971-6115 
E-Mail triennale@pref.aichi.lg.jp
URL http://aichitriennale.jp/

「あいちトリエンナーレ2019」概要

テーマ:情の時代 Taming Y/Our Passion
会期:2019年8月1日(木曜日)~10月14日(月曜日・祝日)[75日間]
芸術監督:津田大介 ジャーナリスト/メディア・アクティビスト
会場:愛知芸術文化センター、名古屋市美術館、名古屋市内のまちなか(四間道・円頓寺)、豊田市(豊田市美術館及び豊田市駅周辺)
内容:あいちトリエンナーレは、2010年から3年ごとに開催する国内最大規模の国際芸術祭。4回目となる今回は、国内外から80組以上のアーティストを迎え、国際現代美術展のほか、映像プログラム、パフォーミングアーツ、音楽プログラムなど様々な表現を横断する、最先端の芸術作品を紹介。

作品解説

バスマ・アルシャリフ『ウロボロス』

英語、チヌーク語、イタリア語(英語、日本語字幕付)

ウロボロスは、尾を飲み込み環の形となった蛇で、死と復活を象徴する。パレスチナのガザ地区から始まる本作で、男は、アメリカのLAとモハーヴェ砂漠、イタリアの古都マテーラとマルティナ・フランカ、フランスのブルターニュにそびえる13世紀の城を渡り歩く。男が繰り返す出会いと別れ、忘却のサイクルは、ガザにおける破壊と再生の歴史に重なる。進む時間と後戻りする時間、爆撃され荒廃する土地と何世紀にもわたって維持された街並みが対比される。ガザを巡る膨大な情報や、わかりやすい言説に抵抗を示す彼女は、一つの観点からは判断できない、不合理に思えるような歴史を、知識としてではなく臓器で感受する経験として、観客に提供する。
Ouroboros Film Still, 2017, Courtesy of the Artist and Galerie Imane Farés.
Ouroboros Film Still, 2017, Courtesy of the Artist and Galerie Imane Farés.

キャスリン・ビグロー『デトロイト』

配給:ロングライド/英語(日本語字幕付)

1967年のある日、アフリカ系退役軍人の功績を讃える式典の裏で、デトロイト市警察が違法酒場の摘発を行なった。警官隊への投石はやがて巨大な暴動へと発展し、その渦中に「アルジェ・モーテル事件」が発生する。暴動発生から沈静化の目処が立たない3日目の夜、若い黒人客たちで賑わうモーテルに、銃声を聞いたとの通報を受けた大勢の警官、州兵が殺到。警官たちは、偶然モーテルに居合わせた若者たちへ、暴力的な強制尋問を始める。緊張感の張り詰めた密室空間で、警官たちの一方的な「正義」が発露する背景には、黒人への人種差別があったことは明らかである。群像劇でもある『デトロイト』は、実在した一つの事件を複数の視点から眺める。
©2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
©2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

チェ・スンホ『共犯者たち』

配給:東風/韓国語(日本語字幕付)

2008年の米国産牛肉BSE問題に関する報道で、大統領就任直後にもかかわらず窮地に立った韓国の李明博(イ・ミョンバク)政権は、主要放送局のKBSやMBCに対し露骨な介入を開始。政権に批判的な番組と経営陣は排除され、政権が送り込んだ経営陣が懲戒・解雇を濫発。2012年に成立した朴槿恵(パク・クネ)政権も同様の手法を繰り返し、マスメディアは約9年かけて政府に骨抜きにされた。本作は、報道と言論の自由を破壊した「主犯」である大統領以下政権幹部と共に、権力に迎合した放送業界内の「共犯者たち」をあぶり出す。映画の最後には、報道の自由のために闘い、その立場を追われた信じられない数の人々の名前が紹介される。
©KCIJ Newstapa
©KCIJ Newstapa
 

[新作・初上映]カンパニー松尾(まつお)『A Day in the Aichi(仮)』

日本語

22歳から30年あまり、休むことなく「心と体の間にある矛盾」を撮り続けてきたカンパニー松尾。その彼が、ハンディーカムを片手に、生まれ育った愛知にゆかりのある人々に対し、一対一でインタビューを繰り広げる。有名・無名、老若男女を問わず、雑多で多声的な「愛知像」を集める過程で、撮る側/撮られる側の間に生まれる感情を記録していく。松尾は、人間の性分が、善悪で単純に割り切れるものではないと語る。こだわってきたのは、人間味が溢れ、可笑しみと哀しみが入り交じった世界だ。本作は、あいちトリエンナーレ映像プログラムでは初となる新作委嘱作品である。実現には、並々ならぬ議論が重ねられた。
©カンパニー松尾
©カンパニー松尾

クレール・ドゥニ『ハイ・ライフ』

配給:トランスフォーマー/英語(日本語字幕付)

太陽系をはるかに超え、漆黒の宇宙に突き進む一隻の宇宙船「7」。その9人のクルー全員が、死刑や終身刑を告げられた重犯罪者たちである。彼らは、同乗する謎の科学者で医師のディブスの実験に参加することで重い刑罰を免除されたが、それは地球へ帰る保証のない旅だった。重犯罪者と宇宙船という、我々の日常の想像力を遠く超えた設定によって、嫉妬、怒り、欲望など様々な感情の根底が露わになり、究極の密室から逃れられないまま生殖し、子孫を残し、家族を形成する意味が突きつけられる。なお、本作には美術監修として現代美術家のオラファー・エリアソンが参加している。ドゥニにとって初のSF映画にして、初の英語作品。(PG12作品)
©2018 PANDORA FILM - ALCATRAZ FILMS
©2018 PANDORA FILM - ALCATRAZ FILMS

広瀬奈々子(ひろせななこ)『夜明け』

配給:マジックアワー/日本語(英語字幕付)

釣りをするため河辺にやってきた哲郎(小林薫)は、水際に倒れていた青年(柳楽優弥)を見つける。一人やもめの哲郎は、シンイチと名乗る青年を介抱し、行く先のない彼と、徐々に擬似的な親子関係を結んでゆく。哲郎は、自身の仕事場である小さな木工所にシンイチの居場所を与えようとするが、シンイチの過去が明らかになってゆく過程で様々な綻びが生じ始める。荒涼とした地方都市を舞台とし、家族や師弟関係といった「絆」のもつ光と闇の両面を照らす本作は、現代日本を蝕む社会および世代の分断を見据えている。他人に救いの手を差し伸べるという美談に潜む人間のエゴ、そしてその救いに依存する側の弱さや狡さが、広瀬監督の瑞々しい視点で編まれる。
©2019「夜明け」製作委員会
©2019「夜明け」製作委員会

[日本初上映]アレハンドロ・ホドロフスキー『ホドロフスキーのサイコマジック』

配給:アップリンク/スペイン語、フランス語、英語(英語、日本語字幕付) 

アレハンドロ・ホドロフスキー監督最新作として完成した『ホドロフスキーのサイコマジック』は、彼自身が考案した心理療法「サイコマジック」の、実際の診療の様子を紹介する映画体験。過去の監督作品の映像素材も加え、ホドロフスキー映画における数々のシーンが、いかに「サイコマジック」という技法によって貫かれているかが解き明かされてゆく。彼は、自身をフロイトと対置した上で、「サイコマジック」は科学が基礎とされる精神分析的なセラピーではなく、アートとしてのアプローチから生まれたセラピーであると語る。長年にわたり個人のトラウマに応答する一方、社会的な実践「ソーシャルサイコマジック」を展開する様子を提示する。
©Pascale Montandon-Jodorowsky
©Pascale Montandon-Jodorowsky

小森(こもり)はるか『空に聞く』

日本語(英語字幕付)

東日本大震災後に各地に設けられた災害FM局のひとつ、陸前高田災害FMでパーソナリティを務めた女性を追ったドキュメンタリー作品。地域に住む多くの人の記憶や思いに触れ、彼らの声をラジオを通じて届ける日々を、カメラは親密な距離で綴ってゆく。津波によって流されてしまった街の復興が着々と進み、嵩上げされた土地に新しい街が造成されてゆく様子が並行して描かれてゆく。人々によって語られることと忘れられてゆくことが、小森の視点で丹念に記録される様からは、映像作家としての真摯な「慰霊」の態度が垣間見える。
小森はるか『空に聞く』 2018 (愛知芸術文化センター・愛知県美術館オリジナル映像作品)©Haruka Komori
小森はるか『空に聞く』 2018 (愛知芸術文化センター・愛知県美術館オリジナル映像作品)©Haruka Komori

ミロ・ラウ『コンゴ裁判』

上映協力:SPAC 静岡県舞台芸術センター/フランス語、英語、ドイツ語、スワヒリ語、リンガラ語(英語、日本語字幕付)

1996年から20年以上コンゴで続く紛争や虐殺は、第二次世界大戦後最大の600万人とも言われる犠牲者を出しながら、忘れられた紛争と表現される。背景には、私たちが手放せない「あるもの」の製造に不可欠な鉱山資源がある。ラウは本作において、紛争の当事者たちに本人役で出演を依頼し、演劇として模擬裁判を行った。被害者としての現地住民、多国籍鉱山採掘会社、州知事、警察を所管する内務大臣、ハーグ国際刑事裁判所の判事や地元の弁護士、武装集団。数多の証人の声が重なり、腐敗、癒着、収奪、強姦、抵抗、虐殺、汚染の事実が浮き彫りとなる。演劇とジャーナリズムが交差するこの意欲作によって、大臣二人が罷免された。
©Fruitmarket / Langfilm
©Fruitmarket / Langfilm

レニ・リーフェンシュタール『民族の祭典』(「オリンピア」第部)

配給:株式会社アイ・ヴィー・シー/英語(日本語字幕付)

1936年にナチス政権下のドイツで開催された夏季オリンピック、ベルリン大会の公式記録映画「オリンピア」の第一部。この大会で初めて実施された聖火リレーや、開会式、各種陸上競技が映される。スポーツをスペクタクルに捉えるための、大かがりな移動撮影や高速度撮影など、当時の先端的な映像表現が評価され、1938年のヴェネツィア国際映画祭で最高賞を獲得。映画史上に残るスポーツ映画の金字塔となった反面、プロパガンダに活用された映画として、監督を務めたレニ・リーフェンシュタールと共に、常に評価が分かれる。
レニ・リーフェンシュタール『民族の祭典』(「オリンピア」第一部)

レニ・リーフェンシュタール『美の祭典』(「オリンピア」第二部)

配給:株式会社アイ・ヴィー・シー/英語(日本語字幕付)

1936年にナチス政権下のドイツで開催された夏季オリンピック、ベルリン大会の公式記録映画「オリンピア」の第二部。選手村での選手たちのリラックスした様子や、水泳競技などが中心に描かれるが、第一部の『民族の祭典』と同様に、その映像表現から充実した制作体制と潤沢な予算を伺わせる。美的表現を追求したリーフェンシュタールは、フィルムを反転させた現像や、同じ映像素材の使い回し、競技の再撮影も積極的に行っている。本作は、素朴な記録のように見える表現が、いかに演出され、我々にイメージを植え付け、歴史に残されていくかという問題を孕んでいる。
レニ・リーフェンシュタール『美の祭典』(「オリンピア」第二部)

戸田(とだ)ひかる『愛と法』

配給:東風/日本語(英語字幕付)

大阪で法律事務所を営む南和行(カズ)と吉田昌史(フミ)は、公私ともにパートナーの弁護士夫夫(ふうふ)。セクシュアル・マイノリティ、養護が必要な子供たち、「君が代」斉唱の際に席を立たなかったことで処分された学校教諭、性器をモチーフにした作品が罪に問われた女性アーティスト、無戸籍の男性。日本中の「当たり前」から外れてしまった人々が、二人の元へやってくる。そんなカズとフミが暮らす家に、ある日一人の少年が居候として加わる。本作では、血縁関係や、法的根拠が無くとも、人と人との間に生じる情が取り上げられる。個人の自由や、家族のあり方に対し、決して主義主張を押し付けることなく、隅々までやさしく描く。
©Nanmori Films
©Nanmori Films

東海(とうかい)テレビ放送(ほうそう)『さよならテレビ』

日本語(英語字幕付)

2018年に東海テレビローカルで放送されたドキュメンタリーだが、全国の映像制作者たちから大きな反響を生んだ東海テレビ開局60周年記念番組。東海テレビ報道部に、自社のドキュメンタリー班が密着取材。視聴率とジャーナリズム、労働と人間疎外、そして過去の放送事故など、テレビ報道の生々しい現場を、カメラが赤裸々に映し出す。テレビ局の顔であるアナウンサー、ベテランの外部スタッフ記者、若き契約社員らに焦点を置き、放送現場に随伴し日々起きていることを記録してゆく。随所に「演出」を感じさせるこの番組は、どこまでが事実で、どこからが演出なのか、見る側のリテラシーを問い直す。
©東海テレビ
©東海テレビ

[日本初上映]富田克也(とみたかつや)『典座 -TENZO-』

配給:空族/日本語(英語字幕付)

富士山の裾野、山梨の寺院に住まい、重度の食物アレルギーを抱える3歳の息子をもつ河口智賢(僧名・チケン)と、東日本大震災によってすべてを流されながらも福島の仮設住宅に住まい、瓦礫撤去の作業員として働きながら本堂再建を諦めきれずにいる倉島隆行(僧名・リュウギョウ)の二人の青年僧侶を主人公に置く。災害が頻発し、生きる意味の拠り所が揺らぐ現代日本において、宗教はいかなる役割を見いだすことができるのか。本作は映像制作集団・空族が、全国曹洞宗青年会からの依頼により制作。僧侶自身が出演し、フィクションとドキュメンタリーが混交した中編映画。道元禅師が遺した「典座教訓」を軸に、現代において信仰とはいかなる意味を持ち得るのかという問いに正面から向き合う。
©全国曹洞宗青年会
©全国曹洞宗青年会

[日本初上映]央(よしがいなお)『Grand Bouquet』 
自分よりも遥かに巨大な力を持つ「黒い塊」を前に言葉を紡ごうとする一人の女の物語。女は伝えたい気持ちを言葉にすることが出来ず、変わりに口から美しい花を吐き出す。本作は、世界的な潮流となった#MeTooなど、個人の告発が世論を動かす昨今の風潮にも影響を受けている。音響や触覚的表現にもこだわったが、一部の表現について刺激が強すぎるという理由で、美術館の意向のもと約50秒が黒塗りして公開されたことで、現在も物議を醸している。
©全国曹洞宗青年会
©吉開菜央