ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化芸術の振興 > 文化・芸術 > 現代美術地域展開事業「境界のかたち 現代美術 in 大府」を開催します!

現代美術地域展開事業「境界のかたち 現代美術 in 大府」を開催します!

愛知県では、現代美術の普及・定着を図るため、現代美術地域展開事業「境界のかたち 現代美術 in 大府」を開催します。
現代美術地域展開事業とは、県内で現代美術展を開催し、次代を担う若手芸術家の発掘・育成を行うとともに、子どもたちを始め、多くの県民の方々に文化芸術に触れていただき、愛知県における文化芸術のすそ野を広げていくイベントです。
今回は、市制50周年を迎える大府市との共催で、図書館やホール、ギャラリーなどを併せ持つ複合文化施設である「おおぶ文化交流の杜 allobu(アローブ)」を会場として、来年1月から2月にかけて23日間にわたり開催します。是非、御来場ください。

1 事業概要

タイトル「境界のかたち 現代美術 in 大府」
Imagined Boundaries: Contemporary Art in Obu

(1)  現代美術展

国内外で活躍する現代美術作家による作品を展示します。

  • 日程:2021年1月23日(土曜日)から2月14日(日曜日)までおおぶ文化交流の杜 allobu

  • 時間:午前10時から午後6時まで

  • 会場:おおぶ文化交流の杜 allobu
    大府市柊山町六丁目150-1
    電話・0562-48-5155

  • 料金:無料

(2)  出展作家によるワークショップ等

  • 内容・開催日時などの詳細は、12月頃発表予定。
     

(3)  地元音楽団体によるコンサート

  • 内容・開催日時などの詳細は、12月頃発表予定。

2 参加アーティスト

うしお、折原智江(おりはらちえ)、下道基行(したみちもとゆき)、鈴木一太郎(すずきいちたろう)、平川祐樹(ひらかわゆうき)、松川朋奈(まつかわともな)(五十音順、敬称略)

※各作家の情報は、別添のとおり。

(別添)作家情報 [PDFファイル/450KB]

3 その他

今後、事業の詳細は、現代美術地域展開事業Webページ(https://aichi-art.com/で御案内いたします。
新型コロナウイルスの影響等により、内容等が変更となる場合、随時現代美術地域展開事業Webページにてお知らせします。

4 問合せ先

現代美術地域展開事業実行委員会事務局
〒461-8525 名古屋市東区東桜一丁目13-2 愛知芸術文化センター6階
(愛知県県民文化局文化部文化芸術課トリエンナーレ推進室内)
電話:052-971-0633(ダイヤルイン)

「境界のかたち 現代美術 in 大府」について

開催地の大府市は、市民がアートに身近に触れる機会を創出するため、「アートオブリスト」という現代美術展を精力的に展開してきました。
その大府市は、愛知県内で尾張地方と三河地方の境界に面しており、歴史的にも県内の交通の要衝として東海道線上の名古屋方面から東京方面への起点となってきました。
私たちは、国境や市町村の境目といった地図上の境界線だけではなく、様々な境界に囲まれています。大人と子供、二次元と三次元、過去と現在、あるいは自分と他人など、目に見えない曖昧なものとしても、様々なところに引かれている境界を見つめることは、日本や世界で社会や公共空間への意識が変化する中で、どのような意味が生まれるでしょうか?このような意識を背景にしながら、国内外で活躍するアーティストによる作品を紹介することで、新しい時代の中で境界に向き合うヒントを探ります。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)