ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 文化芸術課文化財室 > 保存状態の良い弥生時代の竪穴建物跡(たてあなたてものあと)群が設楽町の上ヲロウ・下ヲロウ(かみおろう・しもおろう)遺跡で発見されました

保存状態の良い弥生時代の竪穴建物跡(たてあなたてものあと)群が設楽町の上ヲロウ・下ヲロウ(かみおろう・しもおろう)遺跡で発見されました

 愛知県では、北設楽郡設楽町における設楽ダムの建設工事に伴い、文化財保護法に基づく埋蔵文化財の発掘調査を実施しています。
 この度、発掘調査中の上ヲロウ・下ヲロウ(かみおろう・しもおろう)遺跡で、弥生時代の保存状態の良い竪穴建物跡(たてあなたてものあと)など、貴重な資料が発見されたので、お知らせします。
 つきましては、下記のとおり報道機関向けの現地公開を行います。是非、お越しください。

1 現地公開期間

2020年9月28日(月曜日)から10月2日(金曜日)まで
 午前の部:午前10時から正午まで   午後の部:午後1時から午後3時まで

2 場所

上ヲロウ・下ヲロウ遺跡発掘調査現場 (北設楽郡設楽町川向字上ヲロウ・下ヲロウ)

3 概要

 三河の山間部では珍しい、弥生時代中期後葉(やよいじだいちゅうきこうよう)〔約2,100年前〕の集落跡(しゅうらくあと)であり、土石流で覆われていたため、遺跡が良好に残存しています。
 弥生時代の竪穴建物跡は6基以上あり、建物跡の周囲には人工的に積まれた周堤(しゅうてい)〔土手状の高まり〕がありました。全国的にみても類例が少なく貴重です。
 現地では、このような建物跡や、出土した土器や石器等の遺物を、係員の案内に沿って取材していただくことができます。
 なお、今回は、報道機関向けの公開のため、一般の方はご覧になれませんので、御了承ください。

4 取材について

(1) 取材を希望される場合は、報道機関名、代表者の氏名、連絡先、TVカメラの有無、人数、希望する取材日時等を、別紙「取材連絡票」に記載の上、取材前日までに、FAX(0567-67-3054)にて公益財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団愛知県埋蔵文化財センター調査課まで御連絡ください。
(2) 当日、天候等の影響により中止になった場合は、個別に御連絡申します。
(3) 取材当日は、取材開始前に、現地駐車場横の現場詰所にお越しください。
(4) 入場の際には、マスクの着用、手指の消毒への御協力をお願いします。
(5) 足下が悪いため、動きやすい服装や履物でお越しください。

5 問合せ先

県庁内連絡先

愛知県県民文化局文化部文化芸術課文化財室 保護・普及グループ
 担当:洲嵜、梅本  電話:052-954-6783(ダイヤルイン)

発掘調査成果について・当日連絡先

公益財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団 愛知県埋蔵文化財センター 調査課
 担当:鈴木(正)、池本  電話:0567-67-4163 FAX:0567-67-3054
 現場担当:堀木  電話:080-1571-4984、川添 電話:080-1571-4989

設楽ダム事業について

国土交通省中部地方整備局 設楽ダム工事事務所 工務課
 担当:吉川  電話:0536-62-1290

6 発掘調査現場までのアクセス

添付ファイル(報道発表資料・FAX取材連絡票)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)