ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > その他の福祉 > 平成30年度 愛知県地域医療介護総合確保基金事業(介護従事者確保分)に係る補助金交付申請の受付けについて

平成30年度 愛知県地域医療介護総合確保基金事業(介護従事者確保分)に係る補助金交付申請の受付けについて

【申請期限を9月14日まで延長します】
愛知県地域医療介護総合確保基金事業(介護従事者確保分)のうち、下記5事業について、平成30年度分補助金交付申請の受付けを開始します。
1 介護の普及啓発事業費補助金
2 介護人材資質向上事業費補助金
3 研修受講支援事業費補助金
4 介護福祉士資格取得支援事業費補助金
5 喀痰吸引等整備事業費補助金
※なお今年度は、昨年度、「申請書」提出前に実施した、「協議書」の提出を省略します。

始めに

各補助事業について、対象となる事業者種別、経費、基準額、補助率等を以下の補助金交付要綱及び補助金交付要綱別表により確認してください。(昨年度からの変更あり)

各補助事業の内容・詳細

各補助事業の内容・詳細について、下記の事業実施要綱にてご確認ください。
また、昨年度から事業内容の枠組み等に大きな変更があるものもありますので、事業実施要綱新旧対照表を併せて必ずご確認ください。

1 介護の普及啓発事業費補助金

介護の仕事への理解促進・普及啓発を目的としたセミナー・講習会やイベントの開催事業、介護サービスの職場体験を実施する事業に対して補助します。

2 介護人材資質向上事業費補助金

介護人材の資質向上に係る次の事業に補助します。
(1)市町村
  介護事業所の職員等を対象に研修事業を実施・助成するもの
(2)介護人材養成関係団体
  介護技術の向上及び習得等のための研修や介護事業所からの要請で研修プログラムの作成等を行うもの

3 研修受講支援事業費補助金

介護事業所が職員に喀痰吸引研修やアセッサー講習を受講させる際に必要な受講料に対し補助します。

4 介護福祉士資格取得支援事業費補助金

介護事業所が職員に実務者研修等を受講させる際に必要となる代替職員の雇用経費に対して補助します。

5 喀痰吸引等整備事業費補助金(改正なし)

新規に喀痰吸引等の登録研修機関を開設する際の初度備品(演習用器材)購入費に対して補助します。

提出書類

下記書類をとりまとめてご提出ください。
(1)各補助事業に係る要綱別紙様式1関係全て(様式2,3関係は今回不要)
(2)要綱別紙様式1関係に記載のある添付資料
  ※申請後、状況に応じて追加書類を提出いただく場合があります。
(3)受取人届出書(当課から補助金交付実績のある団体等を除く)

総括的な留意事項

(1)平成30年度(H30.4~H31.3)に実施し、かつ経費の支出を行う事業が本申請の対象になります。
(2)同一の事業・取組を対象として、他の補助金等を受ける場合は、当該補助金の対象となりません。
(3)提出された交付申請書は、審査の後、交付の決定等を行います。交付決定の内容・金額等は、決定時に送付する「交付決定通知書」によりご確認ください。
(4)事業終了後30日以内または翌年度の4月5日までに、要綱別紙様式2関係により事業実績報告書の提出が必要となりますので、予めご承知おきください。当実績報告書の審査を踏まえ、翌年度の4月~5月に掛けて補助金が支払われます。

提出期限

平成30年9月14日(金曜日)まで

提出方法

・下記宛先へ郵送により提出してください。
 〒460-8501
 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号 地域福祉課福祉人材確保グループ あて
 (封筒下段に、「○○○事業交付申請書」と記載のこと。)
・ただし、メールによる印無しの仮申請を可とします。(アドレスは下記「問合せ」に記載)
※記載内容の不備または提出書類の不足等の場合は、加えて複数回の郵送でのやりとりが必要となります。そうした手間を可能な限り省くため、メールによる仮申請を可とします。その場合、当方で大まかな確認をした後、正式な印付き申請書提出の連絡をいたしますので、速やかにご対応ください。
 (件名は、「○○○事業交付申請書」と記載のこと。)

問合せ

愛知県 健康福祉部 地域福祉課 福祉人材確保グループ
電話:052-954-6814
FAX:052-954-6945
E-mail:chiikifukushi@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)