ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類からさがす > しごと・産業 > 農林水産業 > 農業 > 新「卵用名古屋コーチン」の農家への譲渡を始めます

本文

新「卵用名古屋コーチン」の農家への譲渡を始めます

ページID:0060630 掲載日:2013年4月17日更新 印刷ページ表示

新「卵用名古屋コーチン」の農家への譲渡を始めます

 平成23年に愛知県農業総合試験場が開発した、新「卵用名古屋コーチン」については、愛知県畜産総合センター種鶏場と民間ふ化場において、農家へヒナを譲渡するための準備を進めてきましたが、その供給体制が整ったことから、4月から農家へのヒナの譲渡を開始します。

1 新「卵用名古屋コーチン」の特徴

 名古屋コーチンの卵は、卵黄が濃厚でコクが有り、また、加熱することでしっかりとした食感を味わえます。さらに、卵殻が桜色で白い斑点が桜吹雪の様に現れるという特徴は、名古屋コーチン独特のもので、近年、家庭向け食卓卵や洋菓子等への加工卵として需要を伸ばしています。

 新「卵用名古屋コーチン」は、従来の「卵用名古屋コーチン」より、産卵数や卵重といった産卵能力の向上や、卵殻をより鮮やかな桜色にし、白い斑点の出現率を高めるなどの改良がされており、他の鶏卵との差別化にも大いに貢献します。

 

2 新「卵用名古屋コーチン」ヒナ譲渡までの経緯

平成23年3月:農業総合試験場で10年の歳月をかけて開発。種鶏場へ移管。

平成23年4月:種鶏場において、種鶏(父母にあたる)生産体制の整備を開始。

平成24年8月:種鶏場から民間ふ化場へ種鶏を譲渡。

平成25年4月:民間ふ化場から農家へ、新「卵用名古屋コーチン」のヒナの譲渡を開始(消費者への卵の出荷は平成25年秋頃の予定)。

3 新「名古屋コーチン」取り扱いふ化場

 名古屋コーチン(肉用・卵用)を取り扱うふ化場は、種鶏場の他には名古屋市農業センターと県内4か所の登録ふ化業者に限定されています。このうち新「卵用名古屋コーチン」を取り扱うのは(株)スリーエムと種鶏場です。

 株式会社スリーエム 豊川市篠田町市道3-2  TEL0533-93-2974 

 愛知県畜産総合センター種鶏場 安城市篠目町古林30-6  TEL0566-76-3369

4 問合わせ先

 愛知県畜産総合センター種鶏場 

 所在地 安城市篠目町古林30-6

 電話  0566-76-3369

新「卵用名古屋コーチンのヒナ

新「卵用名古屋コーチン」のヒナ

新「卵用名古屋コーチン」の卵

新「卵用名古屋コーチン」の卵
※名古屋コーチンの卵の特徴である白い斑点の出現率は8割程度です。

参考資料

問合せ

愛知県 農林水産部 畜産課

E-mail: chikusan@pref.aichi.lg.jp