ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 畜産課 > 新「肉用名古屋コーチン」の農家への譲渡を始めます

新「肉用名古屋コーチン」の農家への譲渡を始めます

新「肉用名古屋コーチン」の農家への譲渡を始めます

 平成29年に愛知県農業総合試験場が開発した、新「肉用名古屋コーチン」については、愛知県畜産総合センター種鶏場と民間ふ化場において、農家へヒナを譲渡するための準備を進めてきました。
 この度、その供給体制が整ったことから、平成30年11月から農家へのヒナの譲渡を開始します。

1 新「肉用名古屋コーチン」の特徴

 名古屋コーチンの肉は、よく締まって弾力に富み歯ごたえがあり、コクのあるうまみが特徴で、近年、グルメ志向や食の安全への関心の高まりから、地鶏である名古屋コーチンは需要を伸ばしています。
 新「肉用名古屋コーチン」は、生産効率の向上を目的に体重の大型化に重点を置いて改良がされたため、従来の「肉用名古屋コーチン」よりも、体重が約10%増加し、肉味を損なうことなく生産性が向上しており、収益性の向上に大いに貢献します。

2 新「肉用名古屋コーチン」ヒナ譲渡までの経緯

平成29年2月:農業総合試験場で13年の歳月をかけて開発。
平成29年5月:畜産総合センター種鶏場(以下、種鶏場)へ移管。種鶏場において、種鶏(父母に当たる)生産体制の整備を開始。
平成30年3月:種鶏場から民間ふ化場へ種鶏を譲渡。
平成30年11月:民間ふ化場から農家へ、新「肉用名古屋コーチン」のヒナの譲渡を開始(消費者への鶏肉の出荷は平成31年春頃の予定)。

3 新「肉用名古屋コーチン」取り扱いふ化場

新「肉用名古屋コーチン」を扱うのは、以下の5施設です。

○株式会社スリーエム   
 豊川市篠田町市道3-2
 Tel0533-93-2974
○有限会社名研  
 安城市東栄町2-6-10
 Tel0566-97-2560
○関戸養鶏人工孵化場
 岩倉市西市町西市前42
 Tel0587-37-0369
○名古屋市農業センター 
 名古屋市天白区天白町平針黒石2872-3
 Tel052-801-5287
○愛知県畜産総合センター種鶏場 
 安城市篠目町古林30-6
 Tel0566-76-3369

新「肉用名古屋コーチン」のヒナ
新「肉用名古屋コーチン」のヒナ
新「肉用名古屋コーチン」の成鶏
新「肉用名古屋コーチン」の成鶏