ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 社会基盤・交通 > 道路 > 東海環状自動車道「『暮らしの礎』子孫に引き継ぐストック効果」を公表します

東海環状自動車道「『暮らしの礎』子孫に引き継ぐストック効果」を公表します

東海環状自動車道のストック効果について

 東海環状自動車道東回り区間の開通から10年が経過し、沿線では新たな企業進出や雇用が創出されるなど、様々なストック効果が現れているとともに、現在、整備が進められている西回り区間沿線においても、東回り区間と同様のストック効果が期待されております。
 東海環状地域整備推進協議会では、「『暮らしの礎』子孫に引き継ぐストック効果」と題し、東海環状自動車道のストック効果をとりまとめましたので、お知らせします。

ストック効果とは

 道路が整備されて供用されることにより、人流・物流の効率化、民間投資の誘発や観光交流、人口・雇用などを増加させ、長期にわたり経済を成長させる効果のことです。

東海環状地域整備推進協議会について

 平成8年5月に設立され、東海環状自動車道を軸とした沿線の地域整備の在り方及び地域整備計画の推進、基盤整備の在り方についての調査・研究、啓発活動等を図ることを目的としています。

  • (代表理事)愛知県、岐阜県、三重県、名古屋市、(一社)中部経済連合会
  • (理事)愛知県内関係市町村(37市12町1村)、岐阜県内関係市町村(17市19町1村)、三重県内関係市町(5市5町)、
         愛知県商工会議所連合会、岐阜県商工会議所連合会、三重県商工会議所連合会
  • (オブザーバー)国土交通省中部地方整備局、中日本高速道路株式会社名古屋支社

ストック効果資料「『暮らしの礎』子孫に引き継ぐストック効果」について

ストック効果資料については、代表で作成しました岐阜県庁のホームページをご覧ください。

《岐阜県庁ホームページ》
http://www.pref.gifu.lg.jp/shakai-kiban/doro/kosoku-doro/11651/index.html

《資料等に関するお問合わせ先》
岐阜県庁県土整備部道路建設課
電話 058-272-8520(企画係・高速道路係直通)