ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 安心・安全 > 食品の安全 > 平成30年度「現地見学型リスクコミュニケーション」開催結果について

平成30年度「現地見学型リスクコミュニケーション」開催結果について

現地見学型リスクコミュニケーション

 愛知県では、県民の皆様に食に関する正しい知識と食の安全・安心への取組みについて知っていただくため、食品の製造工程を見学していただいた後、消費者、食品事業者及び行政の三者で意見交換を実施する、現地見学型リスクコミュニケーションを平成21年度から毎年開催しています。

 今年度の第1弾につきましては、豊田市と共催で開催しました。

 これまでに、漬物、豆腐、おせんべい、牛乳等をテーマに製造工場等を訪問し、さまざまな体験・意見交換をさせていただきました。

開催内容

 平成30年度は、2回開催しました。

 「おいしさと安全の秘密を探れ!夏休み食品工場見学ツアー」

  • 第1弾 キユーピー株式会社挙母(ころも)工場 (8月8日) 参加者 16組41名(大人19名、子ども22名)
  • 第2弾 株式会社瑞逢社(ずいほうしゃ) (8月27日) 参加者 10組27名(大人13名、子ども14名)

 詳細については、開催結果を御覧ください。

「食の安全・安心情報サービス」へ

「食の安全・安心情報サービス」へ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)