ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 農林水産業 > 農業 > 「平成24年度愛知県茶業振興大会」を開催します

「平成24年度愛知県茶業振興大会」を開催します

「平成24年度愛知県茶業振興大会」を開催します

 愛知県は、茶産地のある市と茶生産者の団体である愛知県茶業連合会との共催で、本県のお茶の生産振興や生産技術の向上を図るとともに、本県産のお茶を県民の皆様に広く知っていただくため、「愛知県茶業振興大会」を毎年開催しています。

 本年度は、抹茶の原料となる てん茶 と かぶせ茶 の産地である豊田市で開催します。

 本年度の大会においては、7月に実施した第43回愛知県茶品評会の表彰式、お茶を活用した食育の取組等を紹介したパネルの展示、抹茶の呈茶、かぶせ茶・和紅茶のふるまい、「あいちの茶」の販売、茶関連機資材展等を下記のとおり実施しますのでお知らせします。

前回大会

前回大会の様子

1 日時

平成24年10月27日(土) 

午前9時から午後3時まで(式典は午前10時30分から午前11時40分まで)

2 場所

あいち豊田農業協同組合本店(豊田市西町4丁目5番地)

3 主催

愛知県、豊田市、愛知県茶業連合会

4 開催内容

(1)式  典(あいち豊田農協本店2階ふれあいホール)

      9:30~10:00 受付

  10:00~10:20 オープニング 豊田市立若園小学校金管部

  10:30 開会  主催者あいさつ、第43回愛知県茶品評会表彰式、来賓祝辞

     11:40 閉会

 (2)関連行事(午前9時から午後3時まで)

   対象者:一般県民

     ・第43回愛知県茶品評会出品茶の展示 ・抹茶の呈茶(茶菓子付きで100円)

    ・かぶせ茶、和紅茶のふるまい ・あいちの茶販売 ・茶に関するパネル展示等

     ・茶関連機資材展

 

平成24年度愛知県茶業振興大会開催内容

1 大会式典(午前10時30分から午前11時40分まで)

 (あいち豊田農協本店2階ふれあいホール) 

①    第43回愛知県茶品評会特別賞受賞者16名

②    産地賞(豊田市茶業組合)の表彰式

 

前回大会表彰者

2 第43回愛知県茶品評会出品茶の展示(午前9時から午後3時まで)

 (あいち豊田農協本店2階ロビー)

  平成24年7月10日~11日に愛知県東三河農業研究所で開催された第43回愛知県茶品評会で農林水産大臣賞を受賞した茶を始め、出品された普通せん茶、深蒸しせん茶、かぶせ茶、てん茶185点の茶をすべて展示します。

3 あいちの茶PRイベント(午前9時から午後3時まで)

(1)抹茶の呈茶

 (あいち豊田農協本店1階)

 豊田市はてん茶(抹茶の原料)の生産が盛んで、生産量は西尾市に次ぐ県下2位の産地となっています。 

 中山間地の下山地区では、冷涼な気候を生かして、有機栽培のてん茶が生産されています。            

 今回は、愛知県茶品評会に出品されたてん茶を使用した抹茶の呈茶を行います。                 

抹茶の呈茶

(2)かぶせ茶・和紅茶のふるまい

 (あいち豊田農協本店駐車場)

①    かぶせ茶

 豊田市では、寒冷紗などで2週間から20日程度、茶園を覆い(被覆栽培)、日光をさえぎって育てた「かぶせ茶」が生産されており、その品質は全国トップレベルです。

 豊田市の生産者は、全国茶品評会(平成15年、16年、22年)・関西茶品評会(平成14年、23年)のかぶせ茶の部で最上位の農林水産大臣賞を受賞しています。

 「かぶせ茶」は茶葉の緑色が濃くなり、渋みが少なく旨み成分の濃い、上品なお茶です。 

かぶせ茶の栽培風景(豊田市)

②   和紅茶

 愛知県では、価格低迷の対応策として、平成19年頃からせん茶産地において、和紅茶が生産されるようになり、近年、生産量が増加してきています。

 「あいちの和紅茶」は、まろやかで甘みがある等、洋菓子だけでなく、和菓子にも合う等の特徴があります。

 また、生産者により、茶樹の品種や製法等がやや異なり、「フルーティーな味わいがある。」、「芳醇な味わいがある。」、「ストレートティーにあう。」、「ミルクティーにあう。」等、製造にこだわった特色ある和紅茶が生産されています。                                          

 今回は、下山地区で生産された「和紅茶」を試飲していただけます。

あいちの和紅茶

(3)「あいちの茶」販売 

 (あいち豊田農協本店駐車場)

 愛知県の茶産地は、西三河地域から東三河地域にかけて、沿岸から山間地へと広がっており、地形・気候の特徴を活かした栽培を行っています。

 種類も普通せん茶、深蒸せん茶、かぶせ茶、抹茶(てん茶)、紅茶、有機栽培茶等、多種多様です。生産者も熱心でこだわりの茶が生産されています。

 各地域から集めた個性豊かな「あいちの茶」を販売します。 

(4)茶に関するパネル展示等

 (あいち豊田農協本店1階)

 「あいちの茶」の産地、愛知県内小中学校における茶に関する取組(茶摘み体験や学校茶会)、ボランティアによる茶を活用した食育の取組や茶の新たな利用方法(茶を活用したお菓子・料理)等、茶に関する内容について、パネル展示、参考資料の展示、お菓子・料理レシピの配布等により紹介します。

パネル展示1
パネル展示2

4 茶業関連機資材展(午前9時から午後3時まで)

(あいち豊田農協本店駐車場)

 茶関連の機資材メーカー等6業者が集い、乗用茶摘採機や小型管理機、栽培被覆資材、肥料・農薬等、茶関連の機械・資材の展示を行います。

参考資料

《リンク》

愛・地産アラカルトのページへ
(愛知産の農産物を詳しく紹介)

問合せ

愛知県 農林水産部 園芸農産課
特産グループ
担  当 遠藤、高須
内  線 3680、3681
ダイヤルイン 052-954-6416
E-mail: engei@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)