ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 県政情報 > 愛知県の紹介 > 愛知県の紹介 > 全国有数の生産量を誇る「あいちの抹茶」をPR! ~知事に「あいちの抹茶」を届けます~

全国有数の生産量を誇る「あいちの抹茶」をPR! ~知事に「あいちの抹茶」を届けます~

平成27年5月13日(水)発表

全国有数の生産量を誇る「あいちの抹茶」をPR! ~知事に「あいちの抹茶」を届けます~

 愛知県では、知事名刺を用いて、あいちの農林水産物のPRを行い、全国に向けて知名度向上と需要拡大を行っています。

 4月、5月に取り上げる品目は、全国有数の生産量を誇る「抹茶」です。

 「愛知の誇るブランド(抹茶)」をキャッチフレーズに、「ブランド力の強化」を図っています。

 愛知県では、西尾市、豊田市等の西三河地域を中心に「抹茶」の原料となる「てん茶」の生産が盛んに行われています。

 特に「西尾の抹茶」は、全国で唯一の抹茶に特化した地域団体商標として登録されています。

 今回は、愛知県公館において、愛知県茶商工業協同組合の茶商工業者が、「あいちの抹茶」を知事に贈呈し、茶育活動の紹介や愛知県産の抹茶を使った多彩な商品のPRも行います。

知事の名刺

知事名刺

1 主な参加者

〔茶業関係者〕

 愛知県茶商工業協同組合 理事長

  本田 忠彦(ほんだ ただひこ)

 愛知県茶商工業協同組合 副理事長 

  横井 信裕(よこい のぶひろ)

  富田 清治(とみた きよはる)

  伊藤 弘康(いとう ひろやす)

〔関係機関〕

 西尾市副市長 

  小島 統市(こじま とういち)

 西三河農業協同組合 代表理事組合長

  名倉 正裕(なぐら まさひろ)

〔県〕

  愛知県知事

  大村 秀章(おおむら ひであき)

2 日時及び場所

日時 平成27年5月21日(木)

    午前11時40分から12時00分まで

場所 愛知県公館 1階

3 内容等

(1)知事に「あいちの抹茶」の贈呈と試飲

○知事に「西尾の抹茶 和(なごみ)」と「あいちの抹茶」(代表して西尾の抹茶)を贈呈し、あわせて試飲していただきます。

 ア「西尾の抹茶 和(なごみ)」(ペットボトルで飲む抹茶) 

   「西尾の抹茶 和」は、キャップに格納された抹茶の粉末をペットボトル内に放出し、そのまま振って点てて飲む本格抹茶で、西三河農業協同組合青年部が発案し、同組合産直課とともに協議を重ねて生み出した、コラボレーション商品の第1作です。 

西尾の抹茶 和(なごみ)

西尾の抹茶 和(なごみ)

 イ「あいちの抹茶」(西尾産)

  「あいちの抹茶」の特徴は、他県産に比べ1番茶で手摘みの割合が高く、「深い緑」、「上品な香り」、「穏やかな旨み」等があり、全国生産量の約20%~30%を占めています。

てん茶の栽培

てん茶栽培

(2)「あいちの抹茶」を使った加工品(スイーツ)の試食

 「あいちの抹茶」(西尾産)をふんだんに使い、その特徴である「深い緑」、「上品な香り」、「穏やかな旨み」が生かされた上品なスイーツを知事に試食していただきます。

抹茶スイーツ

抹茶スイーツ

(3)西尾市立西野町小学校「全校茶会」のビデオ上映

○知事に愛知県茶商工業協同組合の茶育活動をビデオで紹介します。

 愛知県茶商工業協同組合は、毎年1回(6月)、西尾市内の西野町小学校5,6年生に、抹茶の点て方を教えて「全校茶会」を開催し、次世代に向けたお茶の文化の浸透と、消費拡大に努めています。

小学校のお茶会

全校茶会

【参考】

参考

リンク

愛・地産アラカルトのページへ
〈愛知県の農産物を詳しく紹介〉

問合せ

愛知県農林水産部園芸農産課 
特産グループ 
担  当  小高、酒井、太田
内  線  3680・3681
電話  052-954-6416
E-mail: engei@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)