ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 農林水産業 > 農業 > 生産者が「きく」への思いを知事へ伝えます

生産者が「きく」への思いを知事へ伝えます

平成27年9月30日(水曜日)発表

生産者が「きく」への思いを知事へ伝えます

 愛知県では、知事の名刺を使用して農林水産物をPRしており、10・11月に取り上げる品目は「きく」です。
 本県のきくの産出額は全国一位(平成25年産)を誇っています。
 今回は、きくの生産者団体が、仏花や祭壇使用の印象があるきくのイメージチェンジを図る新たな取組と、農業関係団体が、「花の王国あいち」から提唱する新たな花贈り文化「Partner’s Day」の取組を知事へ紹介します。

知事の名刺

知事の名刺

1 日時・場所

 ■日時  平成27年10月7日(水)
        午後3時35分から午後3時50分まで
 ■場所  愛知県公館1階

2 出席者 

 愛知県花(か)き温室園芸組合連合会 会長               中神 享三(なかがみ きょうぞう) 氏
          同               きく部会長         鈴木 浩(すずき ひろし) 氏
                                            鈴木 明日香(すずき あすか)氏 (鈴木浩氏の御令嬢) 
          同              スプレーマム部会長  片山 悦司(かたやま えつじ)氏
 愛知県経済農業協同組合連合会   園芸部長           河野 宏和(こうの ひろかず)氏

3 当日の内容 

 (1)仏花や祭壇に使用する印象が強いきくのイメージチェンジを図る新しい取組を知事に紹介します。
  ア 輪ぎく
     きく部会が、ブルームマム注1)を使用した ブライダルブーケやフラワーアレンジメント、キャラマムをPRします(参考:イメージ1)。
     注1)通常の輪ぎくより2週間程度長くハウスで咲かせた輪ぎくで、ドーム状大輪。

ブライダルブーケ

写真1:イメージ1

  イ スプレーマム 
     スプレーマム部会が、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックのビクトリーブーケ注2)に使用される花材の安定供給のための取組についてPRします(参考:イメージ2)。
     注2)オリンピックなどで、勝者にメダルとともに贈られる花束。

花束

写真2:イメージ2

 (2)愛知県経済農業協同組合連合会が毎月22日を自分にとって大切なパートナーに感謝を込めて花を贈る「Partner’s Day」を提唱しており、この取組を知事に紹介します。

参考

参考

リンク

愛・地産アラカルト

愛・地産アラカルトのページへ
(愛知産の農産物について詳しく紹介)

問合せ

愛知県 農林水産部 園芸農産課
花きグループ
担当 伊良部、五十嵐
内線 3684、3685
ダイヤルイン 052-954-6419
E-mail: engei@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)