ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 農林水産業 > 農業 > 「花に込めたメッセージ」優秀作品が決まりました

「花に込めたメッセージ」優秀作品が決まりました

平成27年10月23日(金曜日)発表

優秀作品に選ばれた方が、大切なあなたにメッセージを添えて愛知の花を贈ります

 花の王国あいち県民運動実行委員会(愛知県、愛知県花き連、JAあいち経済連、流通・小売関係団体、消費関係団体、商工関係団体等)では、生産日本一を誇る愛知の花をPRするため、大切な人に花に添えて贈りたい「花に込めたメッセージ」を広く県民の皆様から募集し(平成27年6月12日記者発表済)、この度、応募数1,096点の中から優秀作品32点が決定しましたのでお知らせします。【別添資料1】
 優秀作品に選ばれた方が希望する贈り先に、11月上旬に、メッセージとともに愛知の花をお届けします。また、32点のうち下記の3名の方には、10月31日(土)に全国都市緑化あいちフェア会場内にて、直接御本人から贈りたい相手にメッセージと花束を贈呈していただきます(取材可)。
男の子

1 優秀作品のメッセージ


○県立岩津高等学校 加藤 典孝(かとう のりたか)さん からお母さんへ
『僕は、母さんの子どもに産まれてきたことを誇りに思います。女手一つで僕と妹を立派に育ててくれた背中とてもかっこよかったです。来年からは僕も社会人です。いつか結婚をした時、母さんのような立派な親になります。』
 
○主婦 廣濱(ひろはま)  みえこさん から夫の俊伸(としのぶ)さんへ
『あなたから、花を頂いた場所は、いつも病院。三人の子供達を産んだ時と、乳癌と闘っていた時。いつも、いつも、私を癒してくれて、ありがとう。あなたが、人生のパートナーで、本当によかった。』

○公務員 宮下 利恵(みやした りえ)さん から夫の幸吉(ゆきよし)さんへ 
『プロポーズには、大好きな黄色いバラを抱かえきれないくらいプレゼントするって言ったのに。たった3本の黄色いバラを差し出して、テレながらしてくれたプロポーズ。あれから35年、私の心には、黄色いバラが咲き誇っています。』

2 花束の贈呈について

 日時:平成27年10月31日(土)午後1時30分から午後1時50分まで
 場所:全国都市緑化あいちフェア 地球市民交流センター内ステージ
  (長久手市茨ケ廻間乙1533-1 愛・地球博記念公園(モリコロパーク))

3 優秀作品に選ばれた方への取材について

 上記3組の方からは取材の御了解をいただいておりますので、取材の希望がある場合は、贈呈日の前日までに園芸農産課花きグループ 石原(内線3684、3685)まで御連絡ください。

男の子と女の子

参考

1 「花に込めたメッセージ」の応募状況 【別添資料2】

 (1)募集期間 平成27年7月1日(水)から9月10日(木)まで
 (2)募集方法 はがき、電子メール、小中学校・高校からの応募
 (3)応募数  1,096点
 (4)過去の応募数 平成20年度890点、21年度970点、22年度831点、23年度862点、24年度1,264点、25年度1,209点、26年度1,401点

2 「花に込めたメッセージ」の選考状況

 (1)選考基準
    分かりやすく、共感を得られるメッセージであること、花を贈る情景を想像できるようなメッセージであること等を重視した。
 (2)一次選考
    事務局により100点を選考。
 (3)二次選考
    愛知県立大学日本文化学部国語国文学科 宮崎 真素美(みやざき ますみ)教授、県内の花の生産者代表ら9名で構成する選考委員による書面審査。
 (4)三次選考
    選考委員の合議により優秀作品32点を決定。

3 優秀作品の活用について

 (1)花の王国あいち県民運動実行委員会のホームページ(https://www.pref.aichi.jp/engei/hana-ippai/h25hana-ippai)に掲載します。
 (2)同実行委員会等が開催する花のイベントやコンテスト等で展示紹介します。

資料

リンク

愛・地産アラカルトのページへ
〈愛知県の農産物を詳しく紹介〉

問合せ

愛知県 農林水産部 園芸農産課
グループ名 花きグループ
担当 石原、五十嵐
内線 3684、3685
電話 052-954-6419
E-mail: engei@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)