ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 農林水産業 > 農業 > 「愛知県産農林水産物消費拡大対策事業(小麦ブランド化)」の業務委託先を募集します

「愛知県産農林水産物消費拡大対策事業(小麦ブランド化)」の業務委託先を募集します

平成27年11月4日(水曜日発表)

 愛知県が開発した小麦品種「きぬあかり」は、平成24年産から県内で本格栽培が始まり、平成27年産では県内の小麦作付面積の7割を占めるまでに拡大しています。また、「きぬあかり」を使用した日本麺は、色が明るく、品質が良いことから実需者から高い評価を得ています。

 一方、消費者の「きぬあかり」に対する認知度は必ずしも高くなく、実需者(製粉、製麺事業者等)に優先的に「きぬあかり」を商品化してもらうためには、「きぬあかり」のブランド化が重要です。

 そこで、消費者に「きぬあかり」を見て、知って、食べてもらう機会を提供する事で、「きぬあかり」の認知度を高め、ブランド化を図るため、国の地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金(地方創生先行型)を活用し「愛知県産農林水産物消費拡大対策事業(小麦ブランド化)」を実施することとし、その業務委託先を下記のとおり募集します。

 なお、本事業において「きぬあかり」以外は対象としません。
「いいともあいち」と「きぬあかり」のシンボルマーク

1 委託事業の内容

(1) レシピコンクールの開催

 一般消費者、高校生、大学生、専門学校生等を対象に、めん類、お菓子等のレシピを募集することにより認知度の向上を図るとともに、新たな「きぬあかり」の製品や製粉に対する需要を開拓する。

(2) イベントにおける試食品の提供

 ア 集客力のあるイベントにPRコーナーを設置し、「きぬあかり」を使った商品(きしめん、うどん等)の試食品を配布するとともに、アンケート調査を実施し、認知度の向上を図る。

 イ 消費地できしめん、うどん等の商品を配布するとともに、アンケート調査を実施し、認知度の向上を図る。

(3) PR資材の作成・配布

 消費者へアピールするロゴをデザインし、それらを使用した啓発資材を作成し、PRコーナー等での一般消費者への配布等により、視覚的に直接「きぬあかり」をPRし、認知度の向上を図る。

(4) 報告書の作成

 委託内容をまとめた報告書を作成する。

2 応募資格

 以下のすべての要件を満たすことが必要です。

  (1) 法人格を有すること。

  (2) 「平成26・27年度愛知県入札参加者資格者名簿」で、業務(大分類)「3.役務の提供等」のうち営業種目(中分類)「03.映画等制作・広告・催事」に登録されている事業者であること。

  (3) 代表者が成年被後見人、被保佐人又は破産者でないこと。

  (4) 国税及び地方税を滞納していないこと。

  (5) 宗教活動や政治活動を主たる目的とする団体でないこと。

  (6) 暴力団若しくは暴力団員の統制下にある団体でないこと。

  (7) 応募日現在において手形交換所による取引停止処分を受けてから2年間を経過しない者でないこと。

  (8) 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)167条の4の規定に該当しない者であること。

  (9) 愛知県から、製造の請負、物件の買入その他の契約にかかる指名停止の措置を提案書受付期間に受けていないこと。

3 募集期間

 平成27年11月4日(水)から平成27年11月25日(水)午後5時まで(必着)

 受付時間は土日及び祝日を除く、午前9時から午後5時までです。

 ※ この期限までに全ての必要書類の提出がないものは、受付することができません。

4 応募方法

 企画提案書等を作成の上、期日までに「12 応募に関する問い合わせ先及び提出先」に記載の提出先に持参又は郵送等により応募してください。

 ※ 郵送等の場合は、配達の都合で期限時刻までに届かない場合もありますので、期限に余裕を持って送付してください。

5 公募説明会の開催

(1) 開催日時

 平成27年11月11日(水) 午前10時から午前11時まで 

(2) 開催場所

 愛知県庁 西庁舎 5階 海区漁業調整委員会室

(3) 申込期限

 平成27年11月10日(火) 午後5時

(4) 申込方法

 「事業者名」、「出席者氏名」、「事業所住所」、「事業所電話番号」、「事業所ファックス番号」、「事業所電子メールアドレス」を明記の上、ファックス又は電子メールで申し込んでください(様式自由、電子メールの場合は送り状でも可)。

 なお、ファックスの送り状若しくは電子メールの件名等に「小麦事業説明会」と明記してください。

(5) 申込先

 「12 応募に関する問い合わせ先及び提出先」に記載のファックス又は電子メールアドレス。

(6) その他

 ア 出席者は、「11 その他」に記載の県Webサイトに掲載している書類をプリントアウトし持参してください。

 イ この説明会に出席することが応募の必要条件とはなりません。

 ウ この説明会への出席に係る費用は出席者の負担とします。

 エ 各事業者の出席者数は最大2名とします。

6 委託金額限度額

 5,288,915円以内(消費税及び地方消費税込み)

7 委託期間

 契約締結日(平成27年12月上旬予定)から平成28年3月24日(木)までとします。

8 事業実施の要件

 本事業は、国の地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金(地方創生先行型)を活用して行うため、「地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金(地方創生先行型)交付要綱」等に規定する要件を遵守するほか、県が定める要件に基づいて実施するものとします。

 主な基本的要件については、以下のとおりです。

 (1) レシピコンクールは書類審査と本審査の2段階とすること。

 (2) 啓発資材は2種類以上作成すること。

9 企画提案の審査・選定等

(1) 審査方法

 提出された企画提案書について県が設置する審査委員会により審査・選定を行います。

(2) 審査委員会

 開催する審査委員会において、企画提案者からプレゼンテーションを行っていただきます(企画提案者1者当たり説明10分、質疑応答5分を予定)。

 なお、審査委員会を以下のとおり開催します。

  ア 開催日時

    平成27年12月3日(木) 午後1時から午後3時まで

    ※ 企画提案者は、自己のプレゼンテーション時間のみの入室となります。

       時間については、おって電子メール等で連絡します。

  イ 開催場所

    愛知県庁 西庁舎 5階 海区漁業調整委員会室

  

  ウ 集合場所

    愛知県庁 西庁舎 5階 農林水産部園芸農産課

(3) 予備審査

 企画提案書の応募件数が6件を超えた場合は、審査委員会を円滑に行うため、審査委員会の審査に先立ち、予備審査会を行います。

(4) 審査基準

審査については、以下の項目について評価し、総合的な審査を行います。

 ア 事業の実施体制について

 イ 事業の実施方法について

 ウ 経費積算の妥当性について 

(5) 決定

 審査委員会の審査結果を踏まえて、県が採択提案を決定します。

(6) 通知

 審査結果については、すべての提案者に対し、郵送で通知します。

10 契 約

 事業実施に当たっての企画提案を公募により広く募り、最も優れた企画提案者として選定された1者と業務基本仕様及び契約金額を委託金額限度額の範囲内で協議した上で、仕様書を作成し、委託契約を締結します。

 なお、協議が不調に終わった場合、次点の者と協議するものとします。

11 その他

 募集の詳細は、募集要項を御覧ください。

 なお、募集要項及び企画提案書様式等必要書類は、このページからダウンロードできます。

12 応募に関する問い合わせ先及び提出先

 〒460-8501 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号

 愛知県農林水産部園芸農産課 農産グループ(担当 小出、後藤)

 電話 052-954-6420 

 ファックス 052-954-6932

 E-mail engei@pref.aichi.lg.jp

 ※ 応募に関する問い合わせは、ファックス又は電子メールとし、質問に対する回答は園芸農産課ホームページ(http://www.pref.aichi.jp/engei/)に掲載します。

 なお、ファックスの送り状、電子メールの件名等に「小麦事業に係る質問」と明記してください。

 

問合せ

農林水産部園芸農産課
農産グループ
担当:小出、後藤
内線:3686,3687
電話:052-954-6420
E-mail:engei@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)